Internet Watch logo
記事検索
最新ニュース

「Longhorn」にも搭載予定の通信技術、米連邦地裁が利用差し止めの仮処分


 米Alacritechは13日、米Microsoftと争っていた特許侵害訴訟で、米連邦地裁がMicrosoftに対し、次期Windows“Longhorn”にも組み込まれる予定の通信技術について、販売や利用を差し止める仮処分命令を言い渡したと発表した。

 訴訟となっていた技術は、Windows Server 2003のScalable Networking Packに組み込まれており、Longhornにも搭載される予定のTCP負荷軽減アーキテクチャ「Chimney」。AlacritechはChimneyについて、同社の独自アーキテクチャ「SLIC Technology」を利用したものだと主張。米国特許番号「6,427,171」と「6,697,868」の2つの特許を侵害しているとして2004年8月に提訴していた。なお、特許のタイトルはいずれも「Protocol processing stack for use with intelligent network interface device」となっている。

 Alacritechでは特許侵害訴訟に先駆け、Microsoftにライセンス契約を持ち掛けていた。AlacritechのLarry Boucher社長兼CEOは、「MicrosoftのChimneyがAlacritechの知的財産をベースにしていることを発見し、Microsoftにライセンス契約を提案した。しかしMicrosoftは、我々が許容できるライセンス条件を拒否したのだ。特許侵害をやめさせ、知的財産を守るには裁判に訴えるしかなかった」と語る。

 AlacritechのSLIC Technologyは、TCP/IP、RDMA、iSCSIといったネットワークプロトコルを処理する際の負荷を軽減するアーキテクチャ。「Ethernetベースのネットワークにおいてシステムとネットワークのボトルネックを小さくし、かつデータの移動を最大限効率化する。SLIC Technologyを利用することで、システム、アプリケーション、ネットワークのパフォーマンスが大幅に向上し、ネットワーク速度を10Gbps以上に高められる」という。


関連情報

URL
  ニュースリリース(英文)
  http://www.alacritech.com/html/041305Alacritech_Granted_PI.shtml

関連記事
欧州向けのWindows Media Player抜きWindows XPの名称は「N」付きに(2005/03/29)
米Microsoft、特許システムの改革を提言〜審査能力の向上など要望(2005/03/14)
マイクロソフトの知的財産戦略はクロスライセンス契約中心へ(2004/05/21)


( 鷹木 創 )
2005/04/14 19:22

- ページの先頭へ-

INTERNET Watch ホームページ
Copyright (c) 2005 Impress Corporation, an Impress Group company. All rights reserved.