Internet Watch logo
記事検索
最新ニュース

「Firefox 1.0.3」日本語版を含む各国語版が公開〜脆弱性10件を修正


 米Mozilla Foundationは17日、Webブラウザ「Firefox」の新バージョン「Firefox 1.0.3」をリリースした。また、Mozilla Japanも17日に、Firefox 1.0.3の日本語版をリリースした。Firefox 1.0.3では新たに発見された10件の脆弱性が修正されており、すべてのユーザーに対してアップデートを推奨している。

 Firefox 1.0.3では、前バージョンのリリース以降に発見された10件の脆弱性を修正した。脆弱性のうち、「DOMプロパティの上書きを通じた特権の拡大」(MFSA 2005-41)、「Firefoxのサイドバーパネルを通じて任意のコードが実行される」(MFSA 2005-39)、「javascript:形式のfaviconを通じたコードの実行」(MFSA 2005-37)の3件については、重要度を「最高」と評価している。このほかに、重要度「高」の脆弱性2件、重要度「中」の脆弱性5件を修正した。

 また、Webブラウザやメールソフトなどを含む統合環境の「Mozilla」も、新バージョンの「Mozilla 1.7.7」がリリースされた。Mozilla 1.7.7では、Firefox 1.0.3で修正された脆弱性のうち、Mozillaにも同じ影響がある7件が修正されている。Mozilla Japanでは、Mozilla 1.7.7の日本語版については現在テスト中で、近日中にリリースするとしている。


関連情報

URL
  Firefox(Mozilla Japan)
  http://www.mozilla-japan.org/products/firefox/
  リリースノート
  http://www.mozilla-japan.org/products/firefox/releases/1.0.3.html

関連記事
「Firefox 1.0.2」日本語版を含む各国語版が公開〜セキュリティ修正3件(2005/03/24)


( 三柳英樹 )
2005/04/18 12:59

- ページの先頭へ-

INTERNET Watch ホームページ
Copyright (c) 2005 Impress Corporation, an Impress Group company. All rights reserved.