Internet Watch logo
記事検索
最新ニュース

「Firefox 1.0.2」日本語版を含む各国語版が公開〜セキュリティ修正3件


 米Mozilla Foundationは23日、Webブラウザ「Firefox 1.0.2」を公開した。日本語版を含む各国語版が公開されており、Windows用、Mac OS X用、Linux用の各インストールパッケージがMozilla FoundationやMozilla Japanのサイトからダウンロードできる。

 Firefox 1.0.2では、3件のセキュリティ修正を行なっている。このうち、GIFファイルに関するライブラリに発見されたヒープオーバーフローを引き起こす脆弱性(MFSA 2005-30)については、Mozilla Foundationのセキュリティ警告で危険度が最も高い“Critical”とされている。また、この脆弱性は、21日に公開された「Thunderbird 1.0.2」「Mozilla 1.7.6」ではすでに修正されている。

 このほかには、サイドバーパネルにおいて任意のコードが実行される脆弱性(MFSA 2005-31)や、XULファイルを利用して偽のスクロールバーなどを表示させ、ユーザーが操作を行なうと自動的にJavaScriptなどが実行されるページが作成できる脆弱性(MFSA 2005-32)の修正を行なっている。


関連情報

URL
  Mozilla Firefox(英文)
  http://www.mozilla.org/products/firefox/
  Mozilla Japan
  http://www.mozilla-japan.org/

関連記事
「Thunderbird 1.0.2」「Mozilla 1.7.6」が公開〜複数の脆弱性を修正(2005/03/22)
Mozilla Japan、「Firefox 1.0.1」日本語版公開(2005/03/14)


( 三柳英樹 )
2005/03/24 12:40

- ページの先頭へ-

INTERNET Watch ホームページ
Copyright (c) 2005 Impress Corporation, an Impress Group company. All rights reserved.