Internet Watch logo
記事検索
最新ニュース

「復旧費用を8,500円まで負担」〜トレンドマイクロの定義ファイル障害補償


 トレンドマイクロは27日、同社のウイルスパターンファイル「2.594.00」が原因で発生した障害に関するユーザーへの対策を発表した。

 個人ユーザーに対しては3種類の補償を行なう。まず、障害が発生した4月23日時点で「ウイルスバスター2005 インターネット セキュリティ」および「ウイルスバスター2004 インターネット セキュリティ」のウイルスバスタークラブ会員契約が有効だった全ユーザーを対象に、ソフトの契約期間を無償で1カ月延長する。こちらの手続きは、トレンドマイクロ側が行なうため、ユーザー側の申請は不要だ。

 また、障害からPCを復旧させるために専門業者などに依頼して、すでに作業もしくは支払いを終えているユーザーに対しては、1シリアルあたり8,500円を上限とした復旧作業の実費を負担する。申請時には復旧作業を依頼したことを証明する領収書を提出しなければならない。なお、8,500円を上限としたことについてトレンドマイクロでは「社内で様々な側面から検討した結果」とコメントしている。

 このほか、ユーザー自身でPCの復旧を行なった場合、もしくは専門業者に復旧を依頼したものの領収書を紛失してしまった場合については、ソフトの契約期間を無償で3カ月延長することで対応する。

 トレンドマイクロでは復旧費用などに関する問い合わせ窓口として、「トレンドマイクロ復旧費用ご相談窓口」(個人・法人共通0120-182-911)を5月9日午前9時に設置する。受付時間は9時から20時(土日祝祭日含む)まで。

 なお、「ウイルスバスター 月額版」を利用しているユーザーについては、後日メールで対応内容を連絡するとしている。

 また、法人ユーザーに対しては、4月23日時点で「ウイルスバスター コーポレートエディション」「ServerProtect」「Trend Micro Client/Server Security」「ウイルスバスター2005 インターネット セキュリティ」および「ウイルスバスター2004 インターネット セキュリティ」のサポートサービスを受けていた企業を対象に、契約期間を無償で1カ月延長する。復旧費用については、個別対応するとしている。


関連情報

URL
  ニュースリリース
  http://www.trendmicro.com/jp/about/news/pr/archive/2005/news050427.htm

関連記事
「最後の1台が直るまで私の報酬は594円に」トレンドマイクロのチェンCEO(2005/04/26)
トレンドマイクロ、パターンファイル問題修復ツールを公開(2005/04/25)
問い合わせは30万件を超える〜トレンドマイクロの定義ファイル障害(2005/04/25)
トレンドマイクロ、パターンファイル障害で24時間サポート窓口を設置(2005/04/24)
ウイルスバスター、パターンファイル更新でCPU使用率100%になるトラブル(2005/04/23)


( 増田 覚 )
2005/04/28 12:45

- ページの先頭へ-

INTERNET Watch ホームページ
Copyright (c) 2005 Impress Corporation, an Impress Group company. All rights reserved.