Internet Watch logo
記事検索
最新ニュース

トロイの木馬型ウイルスがワースト10のうち8種〜マカフィー調査


 マカフィーは6日、2005年5月度のウイルス検知状況を発表した。同社のユーザーである国内7,000社、PC120万台のウイルス情報をもとに、各ウイルスの検知数をランキング形式でまとめた。

 検知企業数では、「Exploit-MhtRedir.gen」が1,406社で検知され、4月度に引き続き最多。同ウイルスの4月度の検知数は347社で、感染が大幅に拡大したことがわかる。2位以降の「bo:heap」(921社)、「JS/Exploit-HelpXSite」(890社)、「Exploit-ByteVerify」(858社)、「Exploit-CodoBase」(855社)などについても、4月度の検知数に比べて約4倍の数値を示している。また、トップ10のうち8種が脆弱性を攻撃するトロイの木馬型ウイルスによって占められる結果となった。

 マシン数ベースのランキングでも1位は「Exploit-MhtRedir.gen」で3,398件、2位は「bo:heap」で2,787件。以下は「W32/Mytob.gen@MM」(1,858件)、「JS/Exploit-HelpXSite」(1,787件)と続く。感染マシン数のランキングにエントリーしたウイルスでは、全体的に4月度に比べて4倍から6倍のウイルスが検知され、急速にウイルス感染が広がったことが伺える。

 マカフィーの加藤義宏技術統括部長は、「Exploit-MhtRedir.genには、ブラウザを特定サイトにリダイレクトする機能がある。多くのユーザーがハッキングされて感染したサイトを参照し、感染が拡大した可能性が考えられる。また、最近ではMytob亜種が多く発見されている。この亜種は、大手ウイルスベンダーの最新ウイルス定義ファイルを通過することを確認した上でばらまかれており、日々の定義ファイルでは間に合わないケースも考えられる。マカフィーユーザーには、亜種発生後、数分で公開しているExtraDATのダウンロードを推奨している」とコメントしている。


関連情報

URL
  マカフィー
  http://www.mcafee.com/jp/

関連記事
脆弱性を攻撃するトロイの木馬型ウイルスが主流に〜マカフィー調査(2005/05/11)


( 増田 覚 )
2005/06/06 19:58

- ページの先頭へ-

INTERNET Watch ホームページ
Copyright (c) 2005 Impress Corporation, an Impress Group company. All rights reserved.