Internet Watch logo
記事検索
最新ニュース

NECファシリティーズ、人事考課データ395人分がWinnyで流出


 NECファシリティーズの人事考課データ395人分が3月頃からWinny上で流出していることがわかった。5月頃から2ちゃんねるでも話題になっていたが、同社では6月7日になって流出の事実を認めた。

 流出したデータは2002年〜2003年のもので、氏名、年齢、所属部署、社員番号に加えて、人事考課の評定も含まれていた。流出元はNECファシリティーズの従業員と判明している。2003年2月頃に人事データを自宅にUSBメモリで持ち帰った後、2005年3月頃にウイルスに感染してWinny上に流出してしまったという。

 NECファシリティーズによれば今回流出したデータは2003年当時、人事部から各部門長に人事評価を記入するよう求めた時のもの。同社では情報漏洩を防止するためのシステムを2003年以前から導入していたが、ちょうどその時期、ある部門長のHDDが不安定になっており、部門の共有サーバーに人事評価データを保存してしまった。通常ではあり得ないことだが、共有サーバーに保存したデータに部下の1人がアクセスして、自宅に持ち帰ったという。

 すでに従業員に対して説明したほか、補償についても検討する。また、「流出データに含まれる退職者への補償も検討する」という。なお、情報を流出してしまった従業員に対しては「就業規則に照らし合わせて処分する」としている。


関連情報

URL
  NECファシリティーズ
  http://www.necf.jp/

関連記事
愛知県の市立小学校、全校児童の名簿がWinny上に流出〜成績表も含まれる(2005/06/02)
ドコモ東海の基地局情報がWinny上に流出〜感染したウイルスの詳細は不明(2005/06/01)


( 鷹木 創 )
2005/06/07 19:04

- ページの先頭へ-

INTERNET Watch ホームページ
Copyright (c) 2005 Impress Corporation, an Impress Group company. All rights reserved.