Internet Watch logo
記事検索
最新ニュース

e-Japanの進展で家族や友人との連絡頻度は増加、対面時間は減少


 総務省が28日に発表した2005年版の「情報通信に関する現状報告(情報通信白書)」では、2001年にスタートしたe-Japan戦略によって「現状では、世界で最も低廉かつ高速なブロードバンド環境が実現している」ことがあらためて報告されたが、このようなインフラ面の整備が急速に進むのに伴い、日常生活にも変化が生じていることを示すデータが紹介されている。


インターネットを利用するようになっていちばん減ったことは……

 白書では「国民生活の変化」として、連絡手段が固定電話から携帯電話やIP電話へ、郵便からメールへシフトしていることや、インターネットの利用に伴い睡眠時間やテレビを見る時間、雑誌を読む時間などが減少していることを紹介している。

 総務省が富士通総研に委託してインターネット利用者を対象に1月に行なったWeb調査よると、2年前と比較して「パソコンの電子メール」(48.3%)、「携帯電話・PHS(電子メール)」(30.4%)、「携帯電話・PHS(通話)」(22.3%)、「IP電話(17.9%)、「インターネット上の掲示板」(17.3%)などの利用が増加しているとした人が多かった。一方で「手紙・葉書」(−43.5%)、「固定電話」(−39.2%)、「ファクシミリ」(−20.9%)は利用が減少したと回答した人が多かった(数値は、各手段に対して利用が「増加した」と回答した人の割合から「減少した」と回答した人の割合を差し引いたもの。事項も同様)。


 生活時間や行動頻度については、同じく2年前と比較して増加していると回答した人が多かったのは「家族との連絡回数」(17.2%)、「友だちとの連絡回数」(16.5%)などだった。減ったとした人が多かったのは「睡眠時間」(−43.2%)、「テレビを見る時間」(−35.7%)、「雑誌を読む時間」(−32.5%)、「友だちと対面で話す時間」(−22.3%)、「買物をする時間」(−19.1%)、「家族と対面で話す時間」(−18.6%)、「新聞を読む時間」(−17.9%)、「外出する回数」(−13.3%)などが挙がっている。家族や友人と連絡する頻度が増加している一方で、対面で話す時間が減少する傾向にあることがわかる。


関連情報

URL
  総務省 情報通信統計データベース 情報通信白書
  http://www.johotsusintokei.soumu.go.jp/whitepaper/ja/cover/index.htm

関連記事
2005年情報通信白書、FTTH純増数が増加傾向。音楽配信市場の拡大も予測(2005/06/28)
2004年の個人におけるセキュリティ被害額は約934億円に〜情報通信白書(2005/06/30)


( 永沢 茂 )
2005/06/29 21:42

- ページの先頭へ-

INTERNET Watch ホームページ
Copyright (c) 2005 Impress Corporation, an Impress Group company. All rights reserved.