Internet Watch logo
記事検索
最新ニュース

Microsoftが「MSN Virtual Earth」、IPアドレスで位置情報も取得可能


 米Microsoftは24日、地図検索サービス「MSN Virtual Earth」のベータ版を公開した。Internet Explorer 6.0以降に対応する。無料で利用できるが、日本国内の地図情報に関しては、現在のところ詳細な地図データは用意されていない。

 Virtual Earthでは、ドラッグ&ドロップで地図をスクロール可能で、航空写真による地図情報も参照できる。検索した地点のアイコンをクリックすると、住所などの情報がバルーン表示されるなど、「Google Maps」を意識したサービスだと言える。


Microsoft本社を検索 周辺のロードマップを表示したところ

検索結果から詳細ページにアクセスすることもできる

 また、無料の専用プラグイン「Microsoft Local Finder」をインストールする必要があるが、接続しているアクセスポイントのIPアドレスから現在地を特定する機能「Locate Me」を搭載。例えば、無線LAN搭載のノートPCで公衆無線LANなどを利用している場合に、現在地がわかるという。


編集部で「Microsoft Local Finder」を試したところ、ちゃんと東京付近に表示された ロードマップ表示したところ。日本国内の地図は、これ以上のズームは現在のところ不可能

 検索結果の名称や住所、説明などを保存する「Scratch Pad」も用意。Scratch Padをメールで送信したり、MSN Spaceのブログに投稿もできる。さらに、同じキーワードで定期的に検索するユーザーや、特定の検索結果を共有したいユーザー向けに、検索結果などを保存したURLを作成する「Permalink」も提供している。このほか、「Yellow page」のディレクトリを統合し、Virtual Earthのフィードバックを送信できる「Community Link」も用意している。

 Microsoftによれば、Virtual EarthはMSN Searchのローカル検索機能、マップポイント技術、TerraServer-USAの航空写真を統合したもの。2005年後半には次期ベータ版の提供も予定しており、Pictometry Internationalからライセンス提供を受けた、都市や建物を俯瞰するバードビューの画像も提供する予定だという。


関連情報

URL
  ニュースリリース
  http://www.microsoft.com/presspass/press/2005/jul05/07-24VirtualEarthBetaPR.mspx
  MSN Virtual Earth
  http://virtualearth.msn.com/

関連記事
アポロ11号から36年、今度はGoogleが月に進出〜「Google Moon」開始(2005/07/20)
日本でも「Googleマップ」と「Googleローカル」が開始(2005/07/14)


( 鷹木 創 )
2005/07/25 19:39

- ページの先頭へ-

INTERNET Watch ホームページ
Copyright (c) 2005 Impress Corporation, an Impress Group company. All rights reserved.