Internet Watch logo
記事検索
最新ニュース

検出した脅威の半数がスパイウェア/アドウェア〜Panda Software


 スペインのPanda Softwareの研究所であるPandaLabsは26日、2005年第2四半期(4月〜6月)におけるウイルスの動向レポートを発表した。スパイウェア/アドウェアが検出数の半数を占めたのに対して、ワームが7%にまで減少した。

 レポートは、同社が提供しているオンラインスキャンサービス「Panda ActiveScan」による統計データをもとにとりまとめたもの。これによると、第2四半期に検出した脅威の内訳は、スパイウェア/アドウェアが51%、トロイの木馬が21%、ワームが7%、ボットが5%、バックドアが2.2%、ダイヤラーが0.2%、その他が13.6%だった。スパイウェア/アドウェアは第1四半期の60%から比率は下がったものの、依然として半数を占めている。一方、トロイの木馬は18%から増加。ワームは11%から減少して、今回1割を切った。なお、全体の検知件数自体は第1四半期より12%増加しているという。

 Pandaでは、インターネットユーザーのウイルスに対する認知度が高まるにつれて、ウイルス作者が従来のメールのような拡散手段から、新しい拡散手段に関心を示していると指摘。ユーザーを騙して、あるいは強制的にWebサイトからスパイウェア/アドウェアをダウンロードさせたり、悪質なプログラムを拡散する手段としてインスタントメッセージの使用が増加していると説明している。

 レポートではこのほか第2四半期の動向として「Mytobのクローン戦争」「帰ってきたSober」などのトピックを紹介している。


関連情報

URL
  ニュースリリース(英文)
  http://www.pandasoftware.com/about/press/viewNews.aspx?noticia=6445

関連記事
スパイウェア流行でウイルスは裏舞台へ追いやられた〜Panda Software調査(2005/04/05)


( 永沢 茂 )
2005/07/28 20:14

- ページの先頭へ-

INTERNET Watch ホームページ
Copyright (c) 2005 Impress Corporation, an Impress Group company. All rights reserved.