Internet Watch logo
記事検索
最新ニュース

「Windows Vista」を狙うウイルスが早くも登場


 開発者向けにベータ版が公開されている次期Windows OSである「Windows Vista」だが、早くも同OSをターゲットにしたウイルスが発生した。フィンランドのセキュリティベンダーであるF-Secureが4日、同社の公式ブログで伝えた。

 F-Secureによれば、このウイルスはオーストリアのウイルス作成者が、あるウイルス作成グループ内で公開したもので、全部で5種類。Windows Vistaで動作するコマンドシェルであるMSHを攻撃のターゲットにしていた。

 MSHウイルスの可能性は、ウイルス研究者の国際会議「Virus Bulletin 2004」において、Symantecの研究員であるEric Chien氏がプレゼンテーション「スクリプトウイルスの復活〜Microsoftシェルを概観する(The return of script viruses - an overview of Microsoft Shell)」の中で予言していたという。


関連情報

URL
  F-Secureの公式ブログ(英文)
  http://www.f-secure.com/weblog/archives/archive-082005.html#00000613

関連記事
Microsoft、Windows VistaとIE 7の開発者向けベータ版公開(2005/07/28)


( 鷹木 創 )
2005/08/04 20:11

- ページの先頭へ-

INTERNET Watch ホームページ
Copyright (c) 2005 Impress Corporation, an Impress Group company. All rights reserved.