Internet Watch logo
記事検索
最新ニュース

ライブドア、「LindowsOS」日本語版の販売を終了〜米Linspireとの契約終了


 ライブドアは8日、「LindowsOS」日本語版全製品を8月31日をもって販売終了すると発表した。製品のサポートは2006年11月30日まで継続する。

 LindowsOSはLinuxベースのクライアント用OSで、日本ではエッジ(現ライブドア)が国内独占販売契約を結び、2003年8月から日本語版の販売を行なってきた。ライブドアでは、2005年8月末をもって製造元の米Linspireとの契約が終了するため、LindowsOS製品の販売終了を決定したとしている。

 LindowsOSに各種ソフトウェアを追加インストールできる「Click-N-Run」については、1年間のライセンス期間中であれば継続して利用できる。また、ライセンスのアクティベーションは2005年11月30日まで受け付けるが、その後は米Linspireへの申し込みが必要となる。

 LindowsOSはマイクロソフトとの商標問題から名称を「Linspire」に変更。ライブドアでも次期バージョンとなるバージョン5.0からはLinspireの名称で販売する予定としていた。


関連情報

URL
  LindowsOS製品 販売終了のお知らせ(ライブドア)
  http://linspire.livedoor.com/news/detail.cgi?id=136
  関連記事:エッジ、アプリケーションが1年間使い放題の低価格OS「LindowsOS」発売
  http://internet.watch.impress.co.jp/www/article/2003/0507/lindows.htm

関連記事
【WPC EXPO】エッジ堀江社長、「LindowsでOSを選べる時代がついに訪れた」(2003/09/18)
米Lindowsの商標問題、全世界で「Linspire」に変更でMicrosoftと和解(2004/07/20)


( 三柳英樹 )
2005/08/10 15:22

- ページの先頭へ-

INTERNET Watch ホームページ
Copyright (c) 2005 Impress Corporation, an Impress Group company. All rights reserved.