Internet Watch logo
記事検索
最新ニュース

米Google、既存会員からの招待状不要でGmailが利用可能に


 米GoogleのWebメールサービス「Gmail」が24日、既存会員からの招待状不要で利用できるようになった。既存会員からの招待状不要で利用できるのは、現時点では米国のみ。

 利用するには、GmailのWebサイトから招待コードを取得する必要がある。招待コードは携帯電話に転送され、このコードを入力することでアカウントを作成できる。招待コードを携帯電話に転送する理由として、Google公式ブログでは「アカウントを取得したユーザーを認証することで、1人のユーザーがアカウントを大量に取得するのを防ぐため」としている。

 Gmailは、1GBのメール保存容量を持つ無料のWebメールサービスとして2004年4月1日より提供。サービス開始以来、ベータ版のテストを続けている。これまでGmailでは、既存会員からの招待状を受け取ったユーザーにのみアカウントを発行していた。

【追記 16:18】
 なお、グーグル日本法人によれば、「招待状不要で利用できる今回のサービスは、今後日本など米国以外の国でも対応する予定だが、時期については未定」とコメントしている。


関連情報

URL
  Google Blog
  http://googleblog.blogspot.com/2005/08/sign-up-for-gmail.html

関連記事
Gmailのサポート担当者募集中〜Gmail正式サービス開始の準備?(2005/07/12)


( 増田 覚 )
2005/08/25 15:44

- ページの先頭へ-

INTERNET Watch ホームページ
Copyright (c) 2005 Impress Corporation, an Impress Group company. All rights reserved.