Internet Watch logo
記事検索
最新ニュース

Opera、ライセンス料を無料化


 Opera Softwareは20日、Webブラウザ「Opera」の無料版に表示されていたバナー広告を除去すると発表した。この広告は従来、有料のライセンスキーを入手することで非表示にできたが、今回、ライセンス料も不要になった。

 Operaの有料版を国内販売していたライブドアでは同日、無料化に伴うサポート窓口の移行について告知した。既存の登録ユーザーは、11月30日まではユーザー登録を行ったメーカーでサポートを行なうが、12月1日以降はOpera Japanにサポートが移管される。

 なお、ライブドアでは今後Operaの販売を打ち切り、店頭在庫も順次回収する。20日以降、ライブドア製品を購入した人からの申し出があれば、返金も含め、できるだけ要望に応えるという。

 Opera Softwareは8月30日、同社のブラウザ開発10周年を記念して、ライセンスキーを24時間にわたって無料配布した。この時は一時的なイベントだったが、今回の発表により、広告を表示する無料版と非表示の有料ライセンスを提供するという同社のビジネスモデルが大きく転換したことになる。

 Opera SoftwareのJon S. von Tetzchner CEOは、「世界中のOperaファンのおかげでこの日を迎えることができた」「バナー広告とライセンス料を不要にしたことで、他のブラウザにはないユーザビリティ、セキュリティ、スピードをより多くの新しいユーザーに体験していただけると期待している」などとコメントしている。


関連情報

URL
  ニュースリリース
  http://jp.opera.com/pressreleases/ja/2005/09/20/
  Operaブラウザのサポート窓口の変更について(ライブドア)
  http://opera.livedoor.com/

関連記事
ライブドア、Opera 8のダウンロード販売を開始〜Mac OS版は調整中(2005/06/20)
Opera、10周年記念としてライセンスキーを24時間限定で無料配布(2005/08/31)


( 永沢 茂 )
2005/09/20 18:32

- ページの先頭へ-

INTERNET Watch ホームページ
Copyright (c) 2005 Impress Corporation, an Impress Group company. All rights reserved.