Internet Watch logo
記事検索
最新ニュース

セキュリティ状態を一元表示する「Norton 2006」〜スパイウェア対策も強化


 シマンテックは30日、セキュリティ対策製品の最新版「Norton 2006」シリーズ3製品を発表した。いずれの製品もWindows XP/2000に対応。10月14日から順次発売する。

今回発表された3製品は、「Norton AntiVirus 2006」「Norton Personal Firewall 2006」と、これらを統合したスイート製品「Norton Internet Security 2006」だ。標準パッケージの価格は、Norton AntiVirus 2006とNorton Personal Firewall 2006が7,140円、Norton Internet Security 2006が8,925円。いずれも10月14日より順次発売する。


セキュリティ情報を1画面に集約する「プロテクションセンター」

シマンテックコーポレーションの製品管理担当シニア・ディレクターを務めるローラ・ガルシア-マンリケ氏
 Norton 2006シリーズ3製品では、コンピュータのセキュリティ状態を一元的に表示する「ノートン・プロテクションセンター」を新たに搭載。コンピュータの保護に必要な基本セキュリティ、ハードディスクのトラブルなどを含むセキュリティ状態、ディスクの断片化などのコンピュータのパフォーマンスといったPCとデータの状態を表示する。メールやインスタンドメッセンジャー、オンラインゲームなどの利用時におけるセキュリティ状態も表示する。

 例えば、Microsoft Updateの自動更新が無効になっている場合には、タスクバー上に警告を表示する。ユーザーは警告の指示に従うだけで、Microsoft Updateが推奨している設定に自動的に変更される。

 シマンテックコーポレーションの製品管理担当シニア・ディレクターを務めるローラ・ガルシア-マンリケ氏はNorton Protection Centerについて次のように説明する。「これまではコンピュータのセキュリティ状態を確認するために、何種類もの製品のユーザーインターフェイスを使い分ける必要があった。つまり、『自分のPCは安全か』というユーザーの疑問を解決する単一のソリューションは存在しなかったのだ。ノートン・プロテクションセンターでは、ユーザーが知るべき情報を1カ所に集約したことで、コンピュータを使用する上での混乱を解決できる」。

 Norton Internet Security 2006のみに搭載される機能としては、不十分なブラウザのセキュリティ設定や、解読されやすいWindowsのパスワード、不必要なサービスなどを警告する「セキュリティインスペクタ機能」が導入。ユーザーの脅威を監視し、リスクが発見された場合は、ポップアップで処置を促す。


セキュリティ状態を1カ所に集約した「ノートン・プロテクションセンター」 解読されやすいWindowsのパスワードを警告する「セキュリティインスペクタ機能」

スパイウェアを侵入時点で検出して自動駆除

 Norton AntiVirus 2006では、スパイウェア対策機能を強化。スパイウェアを侵入時点で検出して自動的に駆除するほか、新たなスパイウェアを未然に防ぐ機能が備わった。また、スパイウェアによるリスクに対して、5段階のスキャンレベルを選択する機能も搭載。高リスクのスパイウェアが見つかると、即座に自動修復・検疫が行なう。比較的リスクの低いスパイウェアについては、強制的に削除することなく、ユーザーに警告を促す。この警告には、リスクの危険度、該当ファイルの詳細、推奨される対策などが含まれている。なお、プログラムを削除したことによりシステムが何らかの変更を加えられた場合でも、修復ファイルはバックアップされるため、いったん削除したプログラムの復元も可能だ。

 このほか、スパイウェアによってブラウザのデフォルトのホームページ設定が変更されないようにブロックするホームページ保護機能が強化された。

 Norton Personal Firewall 2006では、広く普及している各種アプリケーションを認識し、適切に処理できるような初期設定となっているという。新たな機能としては、ユーザーが既にコンピュータにインストールしているソフトウェアに基づいて、自動的にファイアウォールルールを設定する学習機能を追加。ユーザーがコンピュータ上で使用しているソフトウェアを選択してセキュリティ検査を実行することで、個々のコンピュータに合ったファイアウォールルールを自動作成する。

 侵入防止機能としては、脆弱性ベース侵入エンジンを改良した。これにより、脆弱性が発見された時に、問題の存在自体が広く公表される前に、その脆弱性を悪用して行なわれる攻撃にも対応できるようになったという。

【追記 21:55】
 なお、シマンテックが6日に追加発表したところ、Norton Personal Firewall 2006のファイアウォールルール学習機能は、Norton Internet Security 2006のみに搭載されると訂正されており、単体製品では対応していないとしている。


関連情報

URL
  ニュースリリース
  http://www.symantec.com/region/jp/news/year05/050930.html

関連記事
シマンテック、フィッシング対策を強化した「Norton 2005」シリーズ(2004/09/16)


( 増田 覚 )
2005/09/30 16:31

- ページの先頭へ-

INTERNET Watch ホームページ
Copyright (c) 2005 Impress Watch Corporation, an Impress Group company. All rights reserved.