Internet Watch logo
記事検索
最新ニュース

シマンテック、フィッシング対策を強化した「Norton 2005」シリーズ

〜Yahoo!メールにも対応

 シマンテックは16日、セキュリティ対策製品の最新版「Norton 2005」シリーズ4製品を発表した。いずれの製品もWindows XP/2000/Me/98SE/98に加え、Windows XP Media Center Edition/Tablet PC Editionに対応。10月15日から順次発売する。


フィッシング対策を強化。Yahoo!メールにも対応

上段左から「Norton AntiVirus 2005」「Norton AntiSpam 2005」
下段左から「Norton Internet Security 2005」「Norton Personal Firewall 2005」
 今回発表された4製品は、「Norton AntiVirus 2005」「Norton Personal Firewall 2005」「Norton AntiSpam 2005」と、それらを統合したスイート製品「Norton Internet Security 2005」だ。各製品とも本バージョンから不正利用を防止するため、オンラインでユーザーをアクティブ認証する機能を搭載した。

 シマンテックでは、メールによるフィッシング詐欺が今後増大すると懸念。Norton AntiSpam 2005には、「メールフィッシング検出機能」を搭載した。メールヘッダーを読み込んで、送り主などの情報を詐称していないかをチェック。同社データベースに照合して、本文に不適切な文章がないか、不正なURLが記載されていないかを検知する。また、Yahoo!メールにも対応。Web上のYahoo!メールのフォルダに「Norton AntiSpam」フォルダを生成し、メールアカウントをスキャンして、スパムメールと判断したメールを自動的に振り分ける。このほか、メール本文を判別し、性的な内容などの不適切なメールをフィルタリングする機能も搭載した。


フィッシングも防御 Yahoo!メールに対応した

シマンテックコンシューママーケティング部の田上利博プロダクトマーケティングマネージャ
 Norton AntiVirus 2005では、ネットワークを通じて感染するタイプのウイルスを遮断できる「インターネットワーム防止機能」を搭載した。ウイルス感染時に自動的に復旧作業を行なう機能や、定義ファイルを更新すると自動的にPCをスキャンし、ウイルスを駆除する機能も新たに装備している。

 Norton Personal Firewall 2005では、リファラーのブロック方法を変更。これまではすべてのリファラーをブロックしていたが、閲覧しているWebサイトと異なるドメインのリファラーのみをブロックするようになった。シマンテックコンシューママーケティング部の田上利博プロダクトマーケティングマネージャは、「最新版では異なるドメインのみリファラーをブロックするようにしたので、広告画像が表示されないなどの問題は解消するはず」とコメント。また、「それでもまだ画像が確実に表示されない場合は、申し出て欲しい」と今後の対応について述べた。このほか、あらかじめ設定した個人情報を、Webやメール、インスタントメッセンジャーなどを通じて外部に送信することを防ぐ個人情報保護機能も搭載した。

 統合製品のNorton Internet Security 2005では、個別製品の機能に加えて、シマンテックによる危険度判定が“3”以上のウイルスを警告する「アウトブレーク警告機能」を搭載した。

 標準パッケージの価格は、Norton AntiVirus 2005とNorton Personal Firewall 2005が7,140円、Norton Internet Security 2005が10,290円。いずれも10月15日に発売する。12月発売予定のNorton AntiSpam 2005は6,090円。各製品とも複数ユーザー向けパッケージを用意している。


あらかじめ設定した個人情報を、Webやメール、インスタントメッセンジャーなどを通じて外部に送信することを防ぐ個人情報保護機能を搭載 危険度判定が“3”以上のウイルスを警告する「アウトブレーク警告機能」

マイクロソフトがセキュリティ市場に参入しても、これまで同様パートナー

米シマンテックコーポレーションコンシューマプロダクトアンドソリューション担当副社長のマシュー・モイナハン氏
 米シマンテックコーポレーションコンシューマプロダクトアンドソリューション担当副社長のマシュー・モイナハン氏は、最新版開発の背景にフィッシング詐欺の増大を挙げた。「被害は米国だけでなく、日本でも増えている」と指摘。また、「セキュリティ被害の8割はスパイウェアなどによる個人情報の漏えいだ」という。今後は「個人ユーザーによる利用が盛んなモバイル機器でのウイルス被害が増えるのではないか」とし、「携帯端末向けのセキュリティ対策製品にも注力する」としている。

 このほか、マイクロソフトがセキュリティ市場に参入するのではないかという見方に対して、「何らかの手段で参入するとは思うが、ソフトウェアなどの製品で参入するのか、サービスなどで参入するのか具体的な方法は明らかではない」とコメント。「マイクロソフトのセキュリティ技術は、シマンテック製品のアドオンとして提供されるのではないかと考えている。マイクロソフトとは、これまで同様にパートナーとして協力していくことになるだろう」との見解を示した。


関連情報

URL
  シマンテック
  http://www.symantec.com/region/jp/

関連記事
フィッシング詐欺や無線LAN“ただ乗り”も防ぐ「ウイルスバスター 2005」(2004/09/09)
シマンテック、迷惑メールやスパイウェア対策を強化した「Norton 2004」シリーズ(2003/09/16)


( 鷹木 創 )
2004/09/16 16:08

- ページの先頭へ-

Internet Watch ホームページ
Copyright (c) 2004 Impress Corporation All rights reserved.