Internet Watch logo
記事検索
最新ニュース

マイボイスコム調査、Podcastingの認知度は15.5%だが利用割合は低い


Podcastingの認知状況および利用状況
 マイボイスコムとJストリームは、両社が共同で実施した「ポッドキャストの利用に関する調査」の結果を公表した。

 この調査はマイボイスが運営する「MyVoice」に登録したユーザーが対象で、有効回答者数は15,525名。調査期間は11月1日から5日までで、実施方法はWeb形式によるアンケート調査。また、男女比率は男性が40%、女性が60%で、年代別比率は10代が4%、20代が23%、30代が38%、40代が23%、50代以上が12%。

 調査結果によれば、Podcastingの認知度は15.5%(複数回答方式)。ただし、回答別割合では「知っているが利用したことがない」が12.1%と1位で、実際に利用しているユーザーの割合は「ポータブルMP3プレーヤーで聴いている」が1.6%、「パソコンで聴いている」が1.9%、「コンテンツの作成・配信に興味がある」が0.3%、「作成・配信を行なったことがある」が0.2%と、いずれも2%以下の数値に止まった。一方、「知らない」と回答した割合は67.9%で、「名前は聞いたことはあるが、どのようなものかはわからない」は14.1%だった。

 また、Podcastingの利用経験者460名を対象にした質問も行なわれた。まず、登録するPodcastingコンテンツ数については、「1〜5個」の77.8%が最も多く、以降は登録数に応じて割合も低下していくが、「21個以上」と回答したユーザーも1.7%いたという。1週間あたりのポータブルMP3プレーヤーでの利用頻度は「1回以下」が52.0%、「2回」が18.7%、「3回」が12.6%と3回以下が80%超と多数を占めた。なお、6回以上と回答したユーザーは7.8%。

 よく利用するPodcastingサイトは(複数回答方式)、「iTunes Music Store」が73.5%と1位。次いで、ニフティの「Podcasting Juice」が12.6%、ライブドアの「ねとらじ」が9.1%と続き、「その他」の割合は15.9%だった。

 Podcastingを利用する動機は(複数回答方式)、「面白い、興味がある」が54.8%とPodcasting自体に対する関心が1位。以降は「最新の情報やニュースが手に入る(24.1%)」「勉強になる(22.0%)」「ビジネスの役に立つ、話のネタになる(17.6%)」など、利用目的を挙げる割合が多い。

 このほか、全回答者を対象に動画コンテンツのPodcastingによる配信について質問が行なわれた(複数回答方式)。それによれば、「視聴に興味がある」が22.4%、「発信に興味がある」が3.6%と合計値で2割強の関心があった一方で、「何だかわからない(39.6%)」「興味はない(28.9%)」と回答するユーザーが多数を占めた。

 本調査では合わせて、ポータブルMP3プレーヤーの保有状況と、保有者を対象にした利用する製品調査も実施。それによれば、「持っている」割合は21.5%。また、利用している製品(複数回答方式)は「iPod」が39.1%が1位で、2位以降は「ネットワークウォークマン」が11.5%、「Rio」が11.4%、「iriver」が8.5%という結果になった。


よく利用するPodcastingサイト Podcastingコンテンツを聴く理由

関連情報

URL
  「ポッドキャストの利用に関する調査」結果
  http://www.myvoice.co.jp/biz/surveys/8811/index.html
  マイボイスコム
  http://www.myvoice.co.jp/
  Jストリーム
  http://www.stream.co.jp/

関連記事
gooリサーチのPodcasting調査、認知度は40%以上だが実利用は3.4%(2005/10/24)
@niftyのPodcasting調査、約4割がPodcastingでの情報発信に興味(2005/08/25)


( 村松健至 )
2005/11/21 21:25

- ページの先頭へ-

INTERNET Watch ホームページ
Copyright (c) 2005 Impress Watch Corporation, an Impress Group company. All rights reserved.