Internet Watch logo
記事検索
最新ニュース

Firefoxのブラウザシェアは12.61%、米Janco Associatesが調査結果発表


 米Janco Associatesは23日、2006年1月分のブラウザシェア調査結果を発表した。Firefoxが2位の座を丸1年間維持し続け、12%のシェアを持つに至ったという。

 1月のブラウザシェアは、1位がInternet Explorerの82.83%、2位がFirefoxの12.61%、3位がNetscapeの2.33%、4位がMozillaの0.78%だった。Firefoxのシェアは、2005年1月には4.80%、6月には8.83%、9月には9.50%、そして2006年1月にはさらに3.11ポイント増えて12.61%になった。

 また、調査ではNetscape 8が期待ほどシェアを増やしていないことに着目し、Firefoxがシェアを大きく増やした同じ1年間にわずか0.61ポイントしかシェアを増やしていないことにも触れている。

 こうした調査の結果、これら4種類のブラウザでブラウザ全体のシェアの98.55%を占めていることが明らかになった。


関連情報

URL
  ニュースリリース(英文)
  http://www.e-janco.com/PressRelease/press_release20060124Browser.htm

関連記事
Firefoxの市場シェアが減少〜セキュリティーホール発見が原因か?(2005/07/14)


( 青木大我 taiga@scientist.com )
2006/01/23 12:11

- ページの先頭へ-

INTERNET Watch ホームページ
Copyright (c) 2006 Impress Watch Corporation, an Impress Group company. All rights reserved.