Internet Watch logo
記事検索
最新ニュース

Amazon.co.jpの訪問者数が増加、楽天市場に迫る勢い〜ネットレイティングス


 ネットレイティングスは27日、2006年1月度のインターネット利用動向情報サービスの調査結果を公表した。調査によると、Amazon.co.jpが初めて1,600万人台の訪問者数を集め、楽天市場に肩を並べるオンラインショッピングサイトに成長したとしている。

 調査は、ネットレイティングスのインターネット利用動向情報サービス「Nielsen//NetRatings」における家庭のPCからのアクセスデータをもとにまとめたもの。これによると、Amazon.co.jpの訪問者数ランキングは2005年8月度までは10位前後に止まっていたが、9月度以降は毎月ランキングの順位を上げ、2006年1月度には4位に上昇した。一方、楽天市場も訪問者数が初めて1,800万人台を突破し、訪問者数ランキングも初めて2位に浮上している。

 Amazon.co.jpは、月間の総Web利用者に占める利用率(リーチ)も41.4%となり、初めて40%台を突破。Amazon.co.jpは2000年11月にオープン後、訪問者数が800万人となるまで3年以上かかったが、800万人から1,600万人への増加はほぼ2年で達成している。

 ネットレイティングス代表取締役社長兼チーフアナリストの萩原雅之氏は、「ポータルサイトやISPサイトなど、1,000万人以上を集めるような大型サイトの訪問者数の伸び率が鈍化している中、オンラインショッピングは今後も利用者数の増加が見込める分野。特にAmazon.co.jpの成長は著しく、楽天市場との訪問者数の差は1年前の約300万人から150万人程度までに縮まった。書籍以外の取り扱い商品をさらに拡大させることで、楽天市場に並ぶ可能性もありそうだ」と分析している。


関連情報

URL
  ニュースリリース(PDF)
  http://csp.netratings.co.jp/nnr/PDF/Newsrelease002272006_J.pdf

関連記事
テレビ局サイトの年間視聴率ランキング、NHKがトップ(2006/01/30)


( 三柳英樹 )
2006/02/27 14:59

- ページの先頭へ-

INTERNET Watch ホームページ
Copyright (c) 2006 Impress Watch Corporation, an Impress Group company. All rights reserved.