Internet Watch logo
記事検索
最新ニュース

他社ISPのWinnyとの通信も遮断、ぷららがWinnyの完全規制を決定


 ぷららネットワークスは16日、ファイル交換ソフト「Winny」による通信を完全規制すると発表した。規制開始は期日が決定次第発表するとしている。

 ぷららでは、2003年11月からそれまで上りトラフィックの60〜80%を占めていたWinnyや「Win-MX」などのP2Pファイル交換ソフトによる自社ネットワーク内の上りトラフィックの制御を開始。2005年9月には自社ネットワーク内の下りトラフィックに関しても制御を開始していた。

 今回、開始するWinnyの完全規制では、他社ISPのユーザーが使用するWinnyとの通信も遮断する。ぷららでは「Antinnyなどのウイルスに感染したPCからWinnyを介した個人情報や機密情報の流出が相次いでいる。こうした社会問題を憂慮すべき事態と捉え、ユーザーが安心して利用できるネットワーク環境を提供することが通信事業者としての責務だ」とWinnyによる通信の完全規制を決定するに至った経緯を語った。

 なお、ネットワークの制御などを行なうネットエージェントによれば、3月10日時点で約54万ノードがWinnyネットワークに接続していた。2005年12月時の同社調査では約30万ノードだったが、それより24万台も増加している。ぷららでは「インターネット全体ではWinnyのノードは増えているようだが、Winnyのトラフィック制限以降、ぷららのユーザーではWinnyの使用は減っているようだ」とコメントしている。


関連情報

URL
  ニュースリリース
  http://www.plala.or.jp/access/living/releases/nr06_mar/0060316_2.html

関連記事
ネットエージェント、Antinny感染歴を調査するツールを無償提供(2006/03/15)
ぷらら、「Winny」や「Win-MX」のトラフィック制御を11月より開始(2003/10/20)


( 鷹木 創 )
2006/03/16 18:43

- ページの先頭へ-

INTERNET Watch ホームページ
Copyright (c) 2006 Impress Watch Corporation, an Impress Group company. All rights reserved.