Internet Watch logo
記事検索
最新ニュース

ネットユーザーの4分の1は週1回以上ネット動画を見る〜米調査結果


 インターネットでニュース映像を見たり、自ら面白い動画を探したり、動画による広告を目にすることが、インターネットユーザーにとって普通のことになってきたようだ。米Online Publishers Associationが29日に発表した調査結果で示された。

 同調査によると、インターネットユーザーの24%が最低でも週に1回はインターネット動画を見ている。月に1回は見るという割合になると、46%にも上る。動画の内容については、視聴者の27%が週に1回はニュース映像を見ており、次いでユーモアビデオが26%で続く。

 なお、自宅でインターネットに接続できる人の39%が週に1回は動画を視聴しているのに対して、職場の場合には19%にとどまっていることから、インターネット動画を見る傾向は自宅の方が強いことがわかる。

 見たい動画をどのように探しているかについては、約半数が特定のサイトに依存しており、2〜5つのサイトを利用している人まで含めると合計58%に上る。特定のサイトで動画を探す傾向があることがわかる。その一方で、ランダムなネットサーフィンで動画を探している人も動画視聴者の48%に上った。

 インターネット動画広告も一般的になってきたことが判明した。動画広告を見たことがある視聴者は66%に上り、そのうち44%は広告によって何らかの行動を起こしたとしている。その行動のうち最も多かったのはサイトにアクセスしたという31%で、実際に購買行動を起こした人は8%だった。動画広告の視聴者の多くは短い広告を望んでいるが、それでも39%もの人が30秒以上の広告でも見ると回答している。


関連情報

URL
  ニュースリリース(英文)
  http://www.online-publishers.org/?pg=press&dt=032906

関連記事
gooリサーチ調査、無料動画は3人に1人が利用。動画CMも6割以上が視聴(2006/03/09)


( 青木大我 taiga@scientist.com )
2006/03/31 13:18

- ページの先頭へ-

INTERNET Watch ホームページ
Copyright (c) 2006 Impress Watch Corporation, an Impress Group company. All rights reserved.