Internet Watch logo
記事検索
最新ニュース

東海道・山陽新幹線の新型車両「N700系」にインターネット環境


N700系
 JR東海とJR西日本は29日、新幹線の新型車両「N700系」の量産車の仕様が決定したと発表した。モバイル用コンセントを全車両に合計753個用意するほか、インターネット環境の充実も目指すという。

 N700系は、2005年4月から量産先行試作車による走行試験を行なわれており、2007年からJR東海とJR西日本で営業運転を開始する予定となっている。ビジネスパーソン向けの機能を強化したことが特徴で、グリーン車全座席に200個、普通車窓側席などに553個のモバイル用コンセントを設置した。普通車の座席背面テーブルをA4サイズ(25×41cm)に、グリーン車で30×41cmに拡大。さらにグリーン車では手元まで引き寄せられるスライド機能も利用できる。

 インターネット接続については当面は東海道区間で提供する予定。現状のところ詳細は未定で、設備や提供方法などの検討を進めている。JR東海では「停車駅で無線LANによるインターネット接続の実験などを行なっていたが、N700系では高速走行する車両内部でインターネットに接続できるようにする」とコメント。利用料金に関しては未定だが、「追加料金を取ることは難しいのではないか」との見解を示した。

 このほか、デッキ部の静粛性を向上させ、携帯電話などでも快適に通話できる環境を実現する。さらに車内防犯用カメラを設置して、車内セキュリティを向上させるという。


グリーン車では各座席の肘掛けにコンセントを設置 普通車では窓側席などにコンセントを配置した

関連情報

URL
  JR東海のニュースリリース
  http://jr-central.co.jp/co.nsf/news/nws2006329-141352
  JR西日本のニュースリリース
  http://www.westjr.co.jp/news/newslist/article/060329a.html
  関連記事:NTT-ME、JR東海と共同で「のぞみ」停車駅で無線LANサービスの実験開始
  http://internet.watch.impress.co.jp/www/article/2003/0421/jr.htm

関連記事
つくばエクスプレス、無線LANトライアル期間を延長。区間と車両も拡充(2006/03/14)
ドイツの新幹線で無線LANサービス提供へ〜Deutsche BahnとT-Mobile(2005/03/14)
新幹線でネット接続可能に〜NECの無線LAN網や携帯電話網を利用した技術(2004/03/22)


( 鷹木 創 )
2006/03/31 14:15

- ページの先頭へ-

INTERNET Watch ホームページ
Copyright (c) 2006 Impress Watch Corporation, an Impress Group company. All rights reserved.