Internet Watch logo
記事検索
最新ニュース

2ちゃんねるに書き込みを行なうウイルスが多発〜トレンドマイクロ3月度調査


 トレンドマイクロは4日、2006年3月度の「ウイルス被害感染レポート」を発表した。日本国内のウイルス感染被害の総報告数は6,993件で、2月の6,188件から増加した。

 被害件数のランキングでは、ポップアップ広告の表示などを行なうスパイウェア「SPYW_GATOR」の256件が先月に続いて1位となった。2位はボットの亜種「WORM_RBOT」とアドウェア「ADW_SHOPNAV」の85件、4位はアドウェア「ADW_NAVIPROMO.B」の64件、5位はアドウェア「ADW_SURFACC.D」の61件と、今月もスパイウェア・アドウェアの報告が上位を占めた。

 トレンドマイクロでは3月の傾向として、感染報告は少ないものの、Winnyを悪用するウイルス「Antinny」による被害が話題になっていると分析。また、「山田オルタナティブ」の通称で呼ばれる「BKDR_AGENT.BOG」のほか、「TROJ_KAKKEYS」の亜種など、掲示板「2ちゃんねる」に書き込みを行なうウイルスが多く登場していると警告した。TROJ_KAKKEYSの亜種は、活動内容としては単純なものの、脅迫や犯行声明とも取れる内容をリモートホストが表示される形で書き込むもので、書き込みの内容から「小泉ウイルス」などとも呼ばれている。

 また、3月にはPDAなどのモバイル端末とWindowsの双方に感染する可能性のある「クロスオーバーウイルス」が初めて登場。「WORM_CXOVER.A」と命名されたこのウイルスは、WindowsのActiveSyncを使用して、感染したPCからモバイル端末(Windows MobileおよびWindows CE)への感染活動を行なう。トレンドマイクロでは、こうした異なるプラットフォーム間で感染可能なウイルスが増えていく可能性が高まっていくとしている。


関連情報

URL
  トレンドマイクロ ウイルス感染被害レポート(2006年3月度)
  http://www.trendmicro.com/jp/security/report/report/archive/2006/mvr060404.htm

関連記事
企業や団体でWinnyによる情報流出が多発〜トレンドマイクロ2月度調査(2006/03/06)


( 三柳英樹 )
2006/04/04 13:09

- ページの先頭へ-

INTERNET Watch ホームページ
Copyright (c) 2006 Impress Watch Corporation, an Impress Group company. All rights reserved.