Internet Watch logo
記事検索
最新ニュース

JPドメイン名DNSの更新間隔が短縮、ドメイン登録後15分で利用可能に


 日本レジストリサービス(JPRS)は4日、JPドメイン名用DNSの更新間隔を15分に1回に短縮したと発表した。

 JPドメイン名用DNSは、従来はDNSサーバーに対してJPドメイン名全てに関する情報を1日に1回の転送する方式を取っていたが、前回転送時から変化のあった部分のみを転送する方式に変更。これにより、15分間隔でのDNS情報の更新を実現した。

 今回の措置により、ユーザーがJPドメイン名を登録してから15分程度での利用が可能となり、JPRSではドメイン名の登録後にすぐ使いたいというニーズに対応することが可能になったとしている。


関連情報

URL
  ニュースリリース
  http://jprs.co.jp/press/060404.html

関連記事
JPRS、DNSの更新間隔を15分に変更〜ドメイン登録から約15分で利用が可能に(2006/02/20)


( 三柳英樹 )
2006/04/05 11:53

- ページの先頭へ-

INTERNET Watch ホームページ
Copyright (c) 2006 Impress Watch Corporation, an Impress Group company. All rights reserved.