Internet Watch logo
記事検索
最新ニュース

米Googleのシェアが8カ月連続増加、ツールバーではYahoo!とシェアを二分


 Googleの米国におけるサーチエンジンシェアが8カ月連続で増加し続け、2006年3月時点で42.7%に達していることが、米調査会社のcomScore Networksによって17日、発表された。

 それによると、3月時点で米Google関連サイトのシェアが合計42.7%、米Yahoo!関連サイトが合計28.0%、米MSNと米Microsoft関連サイトが合計13.2%、米Time Warner(AOL)関連サイトが合計7.6%、米Ask関連サイトが合計5.9%となっている。

 1年前の2005年3月時点と比べてみると、Googleがシェアを6.3ポイント増加させたのに対して、Yahoo!、Microsoft、Time Warnerはいずれもシェアを減少させ、その合計は7.3ポイントに達したことがわかる。内訳はYahoo!が2.6ポイント、Microsoftが3.3ポイント、Time Warnerが1.4ポイントの減少となっている。なお、Askだけは0.4ポイントとわずかながら増加していた。

 また、この調査ではブラウザツールバーのシェアも調査され、GoogleとYahoo!のツールバーを合わせてツールバー市場の95%を占めていることが明らかになった。Googleツールバーは48.9%、Yahoo!ツールバーは46.5%のシェアとなっている。


関連情報

URL
  ニュースリリース(英文)
  http://www.comscore.com/press/release.asp?press=802

関連記事
検索エンジンはGoogle、検索ツールバーはYahoo!が人気〜comScore調査(2005/08/22)
ツールバーがサーチエンジンの市場シェアに影響力を持つ〜米企業調査(2004/04/15)


( 青木大我 taiga@scientist.com )
2006/04/19 12:02

- ページの先頭へ-

INTERNET Watch ホームページ
Copyright (c) 2006 Impress Watch Corporation, an Impress Group company. All rights reserved.