Internet Watch logo
記事検索
最新ニュース

サーチエンジンの検索結果には危険が潜む〜米McAfee調べ


 米McAfeeは12日、検索エンジンの安全性に関する調査を発表した。調査は1月から4月にかけて、Google、Yahoo!、MSN、AOL、Askの5つのサーチエンジンで検索されるサイトを対象に実施した。

 それによると、危険なWebサイトへのリンクを最も多く表示する検索エンジンはAskで、検索結果の6.1%を占めた。以下はGoogleとAOLの5%、Yahoo!の4.3%と続き、MSNの3.9%が最も少なかった。スポンサー広告付きのリンクについては、平均8.5%が危険なサイトにつながり、通常の検索結果と比べて危険性が2〜4倍高かった。

 このほか、「free screensaver」や「digitalmusic」「kazaa」など特定のキーワードで検索すると、検索結果の72%が危険を含むサイトだったこともわかった。


関連情報

URL
  ニュースリリース(英文)
  http://www.mcafee.com/us/about/press/corporate/2006/20060512_191010_l.html
  The Safety of Internet Search Engines(英文)
  http://www.siteadvisor.com/studies/search_safety_may2006.html

関連記事
米McAfee、Webサイトの危険性警告プラグインの米SiteAdvisorを買収(2006/04/06)
見る前に危険なサイトを警告するプラグイン「SiteAdvisor」配布開始(2006/03/02)


( 増田 覚 )
2006/05/15 20:51

- ページの先頭へ-

INTERNET Watch ホームページ
Copyright (c) 2006 Impress Watch Corporation, an Impress Group company. All rights reserved.