Internet Watch logo
記事検索
最新ニュース

SONY BMGの「XCP」入りCDを巡る集団訴訟で、和解が最終承認〜米地裁


 コピー防止ソフトを採用した音楽CDを巡り、SONY BMG Entertainmentに対して起こされていた集団訴訟において、ニューヨークの米連邦地裁は22日、和解を最終承認した。米Electronic Frontier Foundation(EFF)が同日発表した。

 この和解のもと、コピー防止ソフト「XCP」および「MediaMax」が採用されているSONY BMGのCDの購入者は、DRM技術なしのCDと交換できるほか、一部の購入者には楽曲のダウンロードや現金による和解の資格もあるという。このほかの和解内容としては、EULA条項による制限の撤回や、今後、DRM技術を採用する場合に詳細なセキュリティチェックを経ることなどが含まれている。

 なお、和解案はすでに1月に同地裁で予備承認されており、すでに2月からは、EFFのサイトを通じて購入者が請求できる制度も開始していた。EFFの法務ディレクターであるCindy Cohn氏は、「和解に参加することは、この問題の重要性をSONY BMGとエンターテイメント産業全体に知らしめることになる」と述べ、該当するCDの購入者に対して同制度への参加を求めている。

 XCPについては2005年秋、rootkitと同様の手法が用いられていることが発覚。セキュリティ上の危険性が指摘されるとともに、ユーザーに通知することなくSONY BMGと通信する点も問題となった。さらにその後、別のコピー防止ソフトであるMediaMaxにも脆弱性があることが発見されていた。


関連情報

URL
  ニュースリリース(英文)
  http://www.eff.org/news/archives/2006_05.php#004693

関連記事
Symantec、SONY BMGのDRM技術を悪用したウイルス「Ryknos」を警告(2005/11/11)
SONY BMG、コピー防止ソフト「XCP」入りの音楽CDを交換・回収へ(2005/11/16)
XCP以外のコピー防止ソフトにも脆弱性、米SONY BMGが認める(2005/12/07)
ニューヨーク地裁、XCP入りCDの製造を中止することで和解を予備承認(2006/01/10)


( 永沢 茂 )
2006/05/23 16:01

- ページの先頭へ-

INTERNET Watch ホームページ
Copyright (c) 2006 Impress Watch Corporation, an Impress Group company. All rights reserved.