Internet Watch logo
記事検索
最新ニュース

国会図書館、日本の近代史料をHPで公開〜坂本龍馬直筆の政体案など150点


坂本龍馬が作成したとされる政体案「新政府綱領八策」
 国立国会図書館は20日、政治家や軍人の書簡など約150点を公開するWebサイト「史料にみる日本の近代―開国から講和まで100年の軌跡―」を開設した。これまで、これらの史料の大半は国会図書館内の「憲政資料室」でしか閲覧できなかった。利用は無料。

 同サイトでは、国会図書館が所蔵する政治家、官僚、軍人の手紙や日記などを中心とした原史料約150点を公開。政治史の裏話に関するコラムや歴史資料を解説するコーナーも設け、ペリーが来航した嘉永6(1853)年から対日講和条約が発効した昭和27(1952)年までの100年間の歩みを紹介している。

 史料の中には、坂本龍馬が作成したとされる政体案「新政府綱領八策」や、伊藤博文が枢密院の審議に持参したとされる「大日本帝国憲法」、立憲政友会成立当時の写真、吉田茂が外務省の後輩に宛てた手紙などが含まれている。また、一部判読が困難な史料についてはテキスト化されている。

 国会図書館ではこれまでも、日本国憲法の制定過程に関する資料や、近代日本の形成に影響を与えた人々の肖像、江戸時代の絵本などをWebサイトで公開している。


伊藤博文が枢密院の審議に持参したとされる「大日本帝国憲法」 立憲政友会成立当時の写真

関連情報

URL
  史料にみる日本の近代
  http://www.ndl.go.jp/modern/

関連記事
JST、湯川秀樹のノーベル賞受賞論文などを電子アーカイブ化して無料公開(2006/03/24)
東大、第一次大戦期のプロパガンダポスターをアーカイブ化して一般公開(2006/04/04)


( 増田 覚 )
2006/07/21 14:22

- ページの先頭へ-

INTERNET Watch ホームページ
Copyright (c) 2006 Impress Watch Corporation, an Impress Group company. All rights reserved.