Internet Watch logo
記事検索
最新ニュース

IE7は優先度の高い自動更新で配布


 Internet Explorer 7(IE7)は優先度の高い自動更新として配布されることが決定した。IE公式ブログで26日、明らかにされた。

 それによると2006年第4四半期(10月〜12月)にWindows XP用のIE7の最終バージョンがリリースされてから間もなく、IE7が優先度の高い自動更新として配布されることが決定したという。

 その理由として、IE7には新たに開発されたフィッシングフィルター機能とそのサービスの提供、ActiveXインストール方法の改善など、危険なソフトや詐欺サイトからユーザーを守るためのセキュリティ機能とアーキテクチャが大幅に強化されたことを理由として挙げた。そのためMicrosoftでは、Windowsの正規ユーザーはぜひともIE7をインストールする必要があると考えている。

 自動更新を利用しているユーザーはIE7がインストールする準備ができた時に通知を目にすることになる。その際、「インストールする」「インストールしない」「後で通知する」からインストールの意志を選択できる。そのほかにWindows UpdateやMicrosoft Updateサイトで「高速」スキャンを行ない、優先度の高い更新を探すことによってIE7をインストールすることができる。Microsoft Download Centerから直接ダウンロードすることも可能だ。

 IE7をインストールした場合、現在使用しているツールバー、ホームページ、検索設定、お気に入り情報はそのまま維持される。また、コントロールパネルのプログラムの追加と削除メニューからIE7を削除し、いつでも以前のIE6に戻ることが可能だ。

 企業でIE7の自動更新を望まない場合のために「Blocker Toolkit」が配布される。このツールキットは26日からMicrosoft Download Centerでダウンロードでき、使用有効期限が設けられていない。そのため、いつでも用意ができた時にIE7をインストールするよう設定を変更することができるようになる。


関連情報

URL
  IE公式ブログの該当記事(英文)
  http://blogs.msdn.com/ie/archive/2006/07/26/678149.aspx

関連記事
「Internet Explorer 7 Beta3」日本語版が公開(2006/07/11)
ウィンドウズ開発統括部のブログ、IE7で「フィッシングの疑い」と誤検出(2006/06/19)
Internet Explorer 7のWindows Vista版を「IE7+」と命名(2006/05/29)


( 青木大我 taiga@scientist.com )
2006/07/27 11:46

- ページの先頭へ-

INTERNET Watch ホームページ
Copyright (c) 2006 Impress Watch Corporation, an Impress Group company. All rights reserved.