Internet Watch logo
記事検索
最新ニュース

ブログ認知率は100%に近い、開設経験は4割弱〜インフォプラント調査


ブログの開設経験
 インフォプラントは27日、ブログに関する調査結果を発表した。それによると、ブログの認知率はほぼ100%に上り、4割弱がブログ開設経験者であることがわかった。

 調査は7月10から12日にかけて、12歳(小学生は除く)以上のインターネットユーザーを対象に実施。1,500人から有効回答を集めた。 内訳は、10代/20代/30代/40代/50歳以上で各300名、男女比率は50%ずつとなる。

 調査結果によると、全体の36.5%がブログを開設したことが「ある」と回答。「ない」が62.5%で、「ブログを知らない」が1.0%であることから、ほぼ100%のユーザーがブログを知っている結果となった。開設経験者を年代別で見ると、10代が50.7%で最も多かった。

 ブログを見て商品の購買・サービスの利用に至ったことがあるユーザーは8.0%で、全体の1割弱だった。一方、「購入・利用したことはないが、したいと思ったことはある」は30.4%、「購入・利用したいと思ったことはない」は61.7%だった。購入・利用経験者を年代別で見ると、20代が10.2%で最も多かった。

 ブログを開設しているユーザーに尋ねたブログ来訪者状況では、1日の平均アクセス数は「5件未満」が36.2%で最も多かった。「5件〜10件未満」18.3%、「10件〜20件未満」15.3%も合わせると、アクセス数は1日20件以下のユーザーが約7割を占めた。

 コメント数は「1件未満」が56.5%で最も多く、次に「1件〜3件未満」26.8%、「3件〜5件未満」8.9%となった。トラックバックについては、他人のブログへは「まったくしない」45.5%、「ほとんどしない」33.8%で、自分のブログへは「まったくされない」37.0%、「ほとんどされない」33.3%だった。積極的にトラックバックを利用するユーザーは少ないことが窺える。

 また、アフィリエイトの利用は「導入していない」が79.3%で、「導入している」が20.7%だった。導入しているユーザーの1カ月の平均収入は1,235円だった。

 頻繁に閲覧するブログのジャンルについては、「日記/生活一般」が51.3%で最も多かった。以下は「映画・演劇・音楽」15.8%、「芸能」13.8%、「スポーツ」13.3%などが続く。職業別で見ると、どの職業も共通して「日記/生活一般」が多いが、それ以外では、有職者男性は「スポーツ」、有職者女性は「映画・演劇・音楽」、男性の学生は「ゲーム」、女性の学生は「芸能」、専業主婦は「教育・育児」を比較的多く閲覧していることがわかった。


1日の平均アクセス数 アクセスするブログジャンル

関連情報

URL
  ニュースリリース(PDF)
  http://www.info-plant.com/dl/research/cnews/2006/060727.pdf

関連記事
テレビ局サイトへのアクセスは7割以上が携帯電話から(2006/05/23)
NEC総研調査、SNSよりブログ利用に力を入れるユーザーが約4割(2006/06/15)


( 野津 誠 )
2006/07/27 17:55

- ページの先頭へ-

INTERNET Watch ホームページ
Copyright (c) 2006 Impress Watch Corporation, an Impress Group company. All rights reserved.