Internet Watch logo
記事検索
最新ニュース

月間100万人以上が訪れる企業サイトが増加、ネットレイティングス調査


 ネットレイティングスは11日、国内企業のWebサイトにおける訪問者数の推移をまとめたデータを公表した。飲料メーカーや自動車メーカー、家電メーカーなどを中心に、月間100万人以上が訪問するサイトが増えているという。

 2005年度における家庭のPCからのアクセスの月間平均が100万人以上に達したのは、飲料メーカーでは、サントリーの「suntory.co.jp」が160万7,000人、キリンビールの「kirin.co.jp」が160万2,000人を集めた。自動車メーカーでは、トヨタ自動車の「toyota.jp」が112万人、日産自動車の「nissan.co.jp」が145万人、本田技研工業の「honda.co.jp」が140万1,000人だった。

 家電メーカーでは、松下電器産業の「panasonic.co.jp」が103万6,000人、同じく「panasonic.jp」が121万4,000人、ソニーの「sony.co.jp」が216万7,000人、東芝の「toshiba.co.jp」が102万2,000人だった。

 このほか、アサヒビールの「asahibeer.co.jp」も98万1,000人、味の素の「ajinomoto.co.jp」も98万9,000人、松下電器産業の「national.jp」も99万7,000人、ソニーの「sony.jp」も98万1,000人と、100万人近くの訪問者を集めた。このうち「asahibeer.co.jp」「national.jp」「sony.jp」は、2006年度(4月〜8月)における参考値では100万人を突破している。

 今回公表されたデータは、2000年4月から2006年3月までのインターネット視聴率のデータをとりまとめた「ネットレイティングス・データクロニクル2006」からテーマをしぼって「データクロニクル2006・ファクトシート」としてとりまとめたもの。今後も定期的に公表していくという。


サントリーとキリンビール(左)、日産自動車と本田技研工業(右)の訪問者数の推移(各年度の月間平均値)。ネットレイティングスでは、それぞれ「Webでも好敵手」にあると表現する

関連情報

URL
  ニュースリリース(PDF)
  http://csp.netratings.co.jp/nnr/PDF/Newsrelease10112006_J.pdf

関連記事
企業サイトの情報発信力はキリンビールが1位〜日本ブランド戦略研究所(2006/08/21)
トヨタのWebサイト金額価値は1,528億円〜日本ブランド戦略研究所(2006/09/11)
Yahoo! JAPANは月間37万人、楽天は20万人のペースで利用者増加(2004/11/04)


( 永沢 茂 )
2006/10/11 17:17

- ページの先頭へ-

INTERNET Watch ホームページ
Copyright (c) 2006 Impress Watch Corporation, an Impress Group company. All rights reserved.