Internet Watch logo
記事検索
最新ニュース

IE7のシェアがすでに4%に、1年以内にはシェアトップ〜米WebSideStory調査


 米WebSideStoryは25日、米国におけるInternet Explorer 7(IE7)のブラウザシェアが4%に達したと発表した。IEの旧バージョンのこれまでのシェア増加の傾向から判断すると、IE7は1年以内にシェアトップになるとしている。

 Windows用ブラウザの米国におけるシェアの推移をWebSideStoryのデータで振り返ると、従来バージョンのIE 6は2001年8月に発表された1年後にシェアが45%に到達。さらに、その1カ月後に前バージョンのIE 5のシェアを上回り、2004年初めに80%を超え、2006年3月に89%のピークに達したという。

 一方、最新バージョンのIE7(AOLバージョンを含む)は正式版がリリースされた先週以降、勢いを増しているとしており、10月18日には2.46%だっのたが、10月24日には4.07%に増加した。

 なお、IE全体のシェアは10月20日時点で89.06%、Firefoxは9.88%、その他(Opera、Mozilla、Netscape)が1.06%だった。WebSideStoryのCMOのRand Schulman氏は、「短期的には、IE7はFirefoxにほとんど影響を与えないと見ている。いったん好みのブラウザをインストールした後は、それを置き換えるのは難しいからだ。IE7は急速にシェアを拡大するが、直接的にはIE 6の代替としてだ」とコメントしている。

 WebSideStoryのブラウザシェアのデータは、同社のオンデマンドWeb解析技術「HBX Analytics」を使用しているサイトを訪問する、3,500万人以上のデータに基づいている。


関連情報

URL
  ニュースリリース(英文)
  http://www.websidestory.com/company/news-events/press-releases/2006-10-25.html

関連記事
「Internet Explorer 7」の英語版が正式リリース(2006/10/19)
ドイツでは20%以上、日本では3%未満に〜Firefoxシェアに明暗(2005/05/13)


( 永沢 茂 )
2006/10/26 14:22

- ページの先頭へ-

INTERNET Watch ホームページ
Copyright (c) 2006 Impress Watch Corporation, an Impress Group company. All rights reserved.