Internet Watch logo
記事検索
最新ニュース

新たな偽セキュリティソフトの日本語版がランクイン〜ウェブルート


 ウェブルート・ソフトウェアは1日、10月に日本で最も多く検出されたスパイウェアのランキングを発表した。アドウェアでは、9月に新たに発見された偽セキュリティソフト「SystemDoctor 2006」の日本語版が8位にランクインした。

 調査は、ウェブルートが無償提供しているスパイウェア検索ツール「Spy Audit」を利用して収集したデータをもとにしたもの。「アドウェア」「トロイの木馬」「システムモニタ」の3つのカテゴリに分類してランキングしている。

 アドウェアでは、1位「EasySearchBar」、2位「GAIN」、3位「Locators Toolbar」が先月に続き上位だった。ランキング圏外からは「SystemDoctor 2006」が8位に入った。ウェブルートは、同様の偽セキュリティソフトとして「DriveCleaner 2006」日本語版にも注意が必要としている。

 加えてウェブルートは、偽セキュリティソフトのインストールを誘導するため、セキュリティに関する警告がYouTube上に広告として表示されていたことや、多くの掲示板にこれらのソフトのインストールを誘導する書き込みが行なわれたことを挙げ、ユーザーに注意を呼びかけている。

 トロイの木馬では、1位が、ユーザーの許可なくWebサイトへアクセスする「Trojan Hachilem」。2位が、動画コーデックとして配布され、PC上にマルウェアをダウンロードする「Trojan-Downloader-Zlob」だった。このほか、9月に発見された「Trojan-Busky」が9位にランクインした。

 ユーザーのキー入力や操作を監視するシステムモニタについては、PCの動作履歴をログに残し、ログを攻撃者にメールする「Sc-Keylog」がトップ。以下は、モニタリングプログラム「007 Spy」が圏外から2位に。また「GhostLog」も圏外から3位にランクインした。ウェブルートでは、「インストールした覚えのないシステムモニタが検知されたら、注意が必要」としている。


関連情報

URL
  ウェブルート・ソフトウェア
  http://www.webroot.com/jp/

関連記事
トロイの木馬検出数、動画コーデック装う「Zlob」が最多〜ウェブルート(2006/10/04)
YouTube上にも登場、詐欺的セキュリティソフトへ誘導するバナー広告(2006/10/18)


( 野津 誠 )
2006/11/01 17:20

- ページの先頭へ-

INTERNET Watch ホームページ
Copyright (c) 2006 Impress Watch Corporation, an Impress Group company. All rights reserved.