Internet Watch logo
記事検索
最新ニュース

JR東日本、Webでの遅延証明書発行を2007年1月30日から開始


 JR東日本は5日、同社サイトでの遅延証明書発行を2007年1月30日から開始すると発表した。首都圏の主な18路線を対象にしており、午前7時〜午前9時の間に発生した遅延について発行する。利用は無料。

 遅延証明書は、列車が遅れたことを証明するために、駅の改札口などで発行されるもの。混雑により乗客が集中すると、証明書の入手に時間がかかることから、駅と併せてWebサイトでも発行されることになった。

 対象路線は、東海道線、横須賀線・総武線快速、京浜東北線・根岸線、南武線、山手線、中央線快速・中央線、中央線・総武線各駅停車、宇都宮線、高崎線、埼京線、川越線、常磐線各駅停車、常磐線快速・常磐線、相模線、横浜線、青梅線、武蔵野線、京葉線。

 対象となる遅延は、駅やサイトの「列車運行情報」で報告された遅れのうち、午前7時〜午前9時の間に発生したもの。発行期間は、当日9時過ぎから翌々日まで(遅延の発生当日を含む3日間)となっている。JR東日本サイトのトップページにある列車運行情報欄から証明書発行ページにリンクされる予定。証明書には、日付、路線名、遅延時間などが記されており、プリントアウトして使用する。


遅延証明書発行イメージ

関連情報

URL
  ホームページで遅延証明書を発行します。(PDF)
  http://www.jreast.co.jp/press/2006_2/20061204.pdf

関連記事
遅延証明書をWebサイトで発行、JR東日本が2007年1月めどに導入(2006/07/05)


( 野津 誠 )
2006/12/05 19:52

- ページの先頭へ-

INTERNET Watch ホームページ
Copyright (c) 2006 Impress Watch Corporation, an Impress Group company. All rights reserved.