Internet Watch logo
記事検索
最新ニュース

WiiとDSの人気で任天堂のサイト利用者急増、ネットレイティングス調べ


任天堂とソニー・コンピュータエンタテインメントのサイト利用者数推移

wii.comとplaystation.comの年齢別構成比指数
 ネットレイティングスは24日、2006年12月度のインターネット利用動向調査結果を公表した。それによると、任天堂が運営するすべてのWebサイトの利用者数が、対前月比138万人増の468万人に上り、大幅に増加していることがわかった。12月2日に発売された新型ゲーム機「Wii」と、現在も品薄状態が続くポータブルゲーム機「ニンテンドーDS」関連サイトへのアクセスが大きく貢献しているという。

 一方、個別ゲーム機を専門に扱うサイトに関する利用者数では、ソニー・コンピュータエンタテインメントが運営するPlayStation関連サイト「playstation.com」が128万人で、Wiiの専門サイト「wii.com」の43万人に対して、利用者数で一歩リードした。また、ニンテンドーDSの専門サイト「touch-ds.jp」は35万人の利用者を集めている。

 wii.comとplaystation.comの年齢別構成比指数を比較すると、Wiiは2〜12歳の小学生以下に、PlayStationは13〜15歳の中学生に高い支持を得ていることがわかる。さらに、Wiiは25〜29歳と、小学生の親世代である35〜39歳の利用が多いのが特徴だ。逆にPlayStationは50歳以下のすべての年代の構成比指数が高く、各世代が平均的にアクセスしている。なお、両機とも30歳代前半と50歳以上の層の関心は薄かった。

 そのほか、WiiとPlayStation3のソフトを開発・発売するソフトウェア会社のWebサイトも大幅に利用者数を伸ばしている。12月の利用者数では、コナミが227万人でトップだった。対前月利用者数増減では、スクウェア・エニックスが46万人増で最も多く利用者数を伸ばした。

 ネットレイディングスの萩原雅之代表取締役社長兼チーフアナリストは、「昨年末に2つの次世代ゲーム機が発売され世間の話題を集めたが、それがそのままネット利用状況にも反映されている。任天堂とソニー・コンピュータエンタテインメント両社の非重複利用者数は合計536万人に達し、ネットユーザーの12%が両社いずれかのWebサイトを訪問したことになる。また、両機はともにネットワーク端末としての性能を有することから、家庭でのインターネット利用に新しいスタイルを提案するほか、インターネット利用人口の拡大やユーザ層に変化をもたらす可能性がある」と分析している。


関連情報

URL
  ニュースリリース
  http://www.netratings.co.jp/New_news/News01242007.htm

関連記事
YouTubeの統合でGoogleのランキングが上昇、ネットレイティングス調査(2006/12/18)


( 増田 覚 )
2007/01/24 12:31

- ページの先頭へ-

INTERNET Watch ホームページ
Copyright (c) 2007 Impress Watch Corporation, an Impress Group company. All rights reserved.