Internet Watch logo
記事検索
最新ニュース

企業がブロガーにお金を渡す行為、55.5%が「賛成」


 ビルコムは13日、全国のインターネットユーザー400名を対象に実施した「企業とブロガーの関係」に関する調査結果を発表した。企業が、宣伝のためにブロガーへお金を渡す行為について55.5%が「賛成」とした。


企業がブロガーへ情報開示することについて

企業がブロガーにお金を渡す行為について
 調査は、全国の20代以上の男女400名(20代〜60代以上、各年代80名)に対し、オンライン調査を実施。期間は2月5日から7日まで。

 調査結果によると、企業がブロガーに、プレスリリースなどで積極的に情報開示することについて、72.0%が「賛成」と答えた。理由としては、「企業の最新情報を知ることができるから」が79.5%で最も多かった。一方、「反対」は28%で、理由としては「良い情報しか開示しないことが多く、信用できないから」が74.1%でトップだった。

 企業がブロガーに、宣伝のためお金を渡す行為については、44.5%が「反対」と答えた。理由としては、「お金をもらってブログを書いたのか、本当に書き手が良いと思ったのかがわからず読者の混乱を招くから」が79.8%で最も多かった。ただし、「賛成」が55.5%で反対を上回っている。その理由として「企業のために書いた記事の報酬を受け取るのは当然だから」が68.0%でトップだった。

 また、企業が自社商品の推薦記事を書いてもらうため、ブロガーにお金を払う場合があることについて、41.3%が「知っている」とした。さらに、「知っている」回答者に対し、企業からお金をもらって書いている友人・知人の推薦商品(サービス)を信用するのか尋ねたところ、63.0%が「信用しない」と答えた。同様に、お金をもらって書いている知らない人のブログでは、86.7%が信用しないとしている。


企業からお金をもらうことに「賛成」の理由 企業からお金をもらうことに「反対」の理由

関連情報

URL
  ビルコム
  http://www.bil.jp/

関連記事
CGM利用者は他人の購買行動に強く影響を与えている〜CGM市場動向分析(2006/09/22)


( 野津 誠 )
2007/02/13 17:33

- ページの先頭へ-

INTERNET Watch ホームページ
Copyright (c) 2007 Impress Watch Corporation, an Impress Group company. All rights reserved.