Internet Watch logo
記事検索
最新ニュース

ネット利用時間が最も長いのはカナダのユーザー〜comScore調査


 comScore Networksは6日、2007年1月における世界のインターネット利用状況を発表した。

 今回発表した数字は、インターネット視聴率調査サービス「comScore World Metrix」に基づいたものだ。これによると、15歳以上のユニークビジター数は7億4,693万4,000人で、この1年で10%増加したという。

 国別で見ると、最も多かったのが米国で1億5,344万7,000人(前年比2%増)で、以下は中国が8,675万7,000人(同20%増)、日本が5,367万人(同4%増)など。増加率ではインドの33%、ロシアの21%、中国の20%などが上位に入った。この結果、中国が米国に次いで世界第2位のインターネット人口を抱える国になったとしている。また、インターネット利用者の80%を米国以外で占めるようになった。

 インターネットの利用時間が1人あたりで最も長かったのはカナダで、月平均で39.6時間に達した。以下は、イスラエルの37.4時間、韓国の34.0時間などだった。


関連情報

URL
  ニュースリリース(英文)
  http://www.comscore.com/press/release.asp?press=1242

関連記事
中国のネット人口は1億3,700万人に。普及率は10%を突破(2007/01/24)


( 永沢 茂 )
2007/03/07 15:39

- ページの先頭へ-

INTERNET Watch ホームページ
Copyright (c) 2007 Impress Watch Corporation, an Impress Group company. All rights reserved.