Internet Watch logo
記事検索
最新ニュース

2006年に国内1,116万人が動画共有サイトを訪問、1年で9倍以上に


動画共有サイトの利用状況の推移

「ウィキペディア」の利用状況の推移
 ビデオリサーチインタラクティブは7日、日本のインターネットユーザーの動画共有サイトと「ウィキペディア」の利用状況の推移をとりまとめた。2006年の1年間で、動画共有サイトに1,116万人、ウィキペディアに1,851万人が訪れたという。

 今回発表されたデータは、国内の家庭のPCからの利用者数などを推定したもの。これによれば、YouTubeやGoogle Video、FlipClip、Ameba Vision、DivX Stage6など国内外19の動画共有サイトの月間ユニークビジター数は、2006年1月は79万人だったのが、2007年1月には734万人と、9倍以上に拡大した。2006年1月から12月までの合計では1,116万人となる。

 2007年1月時点の動画共有サイトの月間視聴ページ数は約4億5,362万ページ(前年同月比で約21倍)、訪問者1人あたりの平均視聴ページ数は約62ページ(同2.3倍)、月間平均滞在時間は約1時間12分(同2.8倍)だった。「ユーザーの拡がりだけでなく、視聴の深さも増幅している」としている。

 ウィキペディアについてのデータは、日本語版を含む「wikipedia.org」を集計対象としたもの。ユニークビジター数は2006年1月時点で457万人だったのが、2007年1月には984万人へと倍増した。2006年1月から12月までの合計では1,851万人に達する。また、2007年1月のリーチは33%で、全ドメイン中15位の規模だったという。


関連情報

URL
  ニュースリリース
  http://www.videoi.co.jp/release/20070307.html

関連記事
「YouTube」日本から212万人が訪問、平均利用時間は米ユーザーを上回る(2006/04/27)
動画共有サイト利用者は約3割、約6割がYouTubeを利用〜gooリサーチ(2006/08/30)
ウィキペディア訪問者数が急増中〜ビデオリサーチ調査(2006/02/20)


( 永沢 茂 )
2007/03/07 19:27

- ページの先頭へ-

INTERNET Watch ホームページ
Copyright (c) 2007 Impress Watch Corporation, an Impress Group company. All rights reserved.