Internet Watch logo
記事検索
最新ニュース

プロフィールサイトの認知率は10代女性で75.9%、MMD研究所


 アップデイトのモバイルマーケティングデータ研究所(MMD研究所)は1日、携帯電話やPCから自己紹介ページを作成できる「プロフィールサイト」に関するアンケート調査の結果を公表した。プロフィールサイトの認知率・利用率は10代が最も高く、10代女性では認知率が75.9%となっている。

 調査は、携帯電話向けのポータルサイトや無料ホームページ作成サービスなど、モバイルサイトを運営する16社/17サイトでのWebアンケートを10月19日〜23日に実施。有効回答数は8,674人。回答者の男女比は、男性が21.7%、女性が78.3%。年齢層は10代以下が41.7%、20代が24.0%、30代が20.8%、40代以上が13.5%。

 プロフィールサイトについては、全体の55.8%が「知っている」と回答。年代別では10代の認知度が最も高く、10代男性では54.7%、10代女性では75.9%が「知っている」と回答しており、若年層ほど認知度が高い傾向にある。

 プロフィールサイトを「知っている」と回答した人のうち、実際に利用している人の割合は38.5%。この割合も若年層ほど高く、プロフィールサイトを知っている人のうち10代男性では37.1%、10代女性では47.2%が利用している。

 プロフィールサイトの利用頻度は、「毎日」が20.1%、「3日に1回」が11.2%、「週1回」が12.1%、「半月に1回」が13.4%、「1カ月に1回」が15.1%、「3カ月に1回」が28.1%。プロフィールサイトの登録数は「1サイト」が62.8%、「2サイト」が24.3%など。

 プロフィールサイトに記載している内容(複数回答)は、「趣味」が最も多く93.2%で、以下は「生年月日」が79.2%、「身体特徴」が44.8%、「氏名」が31.0%、「顔写真」が15.3%などとなっている。


関連情報

URL
  ニュースリリース
  http://mmd.up-date.ne.jp/news/detail.php?news_id=109

関連記事
「学校裏サイト」を知っている学生は4割、MMD研究所調査(2007/07/26)


( 三柳英樹 )
2007/11/02 17:52

- ページの先頭へ-

INTERNET Watch ホームページ
Copyright (c) 2007 Impress Watch Corporation, an Impress Group company. All rights reserved.