Internet Watch logo
記事検索
最新ニュース

SNSに毎日アクセスするユーザーが1割減少、マイボイスコム調査


SNSの利用者・認知者の推移
 マイボイスコムは、11月1日から5日にかけて実施した「SNSの利用に関する調査(第3回)」の調査結果を公表した。それによれば、SNSの利用者は31.3%で、3年連続で増加。その一方で、毎日アクセスしているユーザーは4割を占めたが、前回調査からは1割減少したことがわかった。

 調査は、同社が運営するインターネットコミュニティ「MyVoice」を対象に実施したもので、有効回答者数は19,604人。性別比率は男性が46%、女性が54%。年齢別比率は10代が2%、20代が16%、30代が38%、40代が27%、50代以上が17%。

 SNSの利用に関する質問では「利用している」が31.3%、「どのようなものかは知っている」の23.7%を合わせると、5割以上がSNSを認知していた。利用者については3年連続で増加、前年比では133.8%だった。利用頻度は「1日2回以上」が20.2%、「1日1回」が21.9%となり、毎日アクセスしているユーザーが4割を占めたが、前回調査の51.0%から1割減少した。

 利用しているSNS(複数回答形式)は、「mixi」が83.9%で最多。前回調査で2位だった「Yahoo! Days」は4.2%で4位に転落した一方、「Echoo!(ゆびとま)」が8.2%で2位にランクイン。3位は「GREE」で7.4%だった。

 PCから利用しているSNSのメニュー(複数回答形式)では、「人の日記を読む」が80.0%、「日記を書く」が59.1%、「人の日記にコメントを書く」が57.6%、「コメントを読む」が57.2%と、日記に関する回答が上位を占めた。日記以外では、「足あとを見る」(48.3%)や「メッセージの送受信」(46.7%)が挙げられた。

 PCからSNSにアクセスする時間帯(複数回答形式)については、「22時台」が最も高く43.0%、次いで「23時台」が41.6%で続いた。そのほか、「20時台」が22.9%、「21時台」が34.3%、「24時台」が26.6%と、20〜24時台がいずれも20%以上で、多く利用されていることがわかった。

 また、携帯電話から利用しているSNSのメニュー(複数回答形式)については、「利用していない」が66.2%で半数を超えた。利用している場合では、「人の日記を読む」が23.6%で1位、「コメントを読む」が18.6%で2位、「日記を書く」が15.3%で3位など、PCからの利用と似た傾向が見られた。携帯電話からアクセスする時間帯では、「12時台」(10.8%)以外は1割に満たなかった。

 このほか、SNSで日記を書くときの意識としては、「できるだけ自分が書きたいことを書くが、読み手のことも意識している」が50.2%で最も多く、次いで「自分が書きたいことを大切にし、読み手のことはあまり気にしない」が14.8%だった。


関連情報

URL
  ニュースリリース
  http://www.myvoice.co.jp/biz/surveys/11206/index.html

関連記事
マイボイスコム調査、SNSの利用割合と認知度が1年で3倍に増加(2006/12/14)


( 増田 覚 )
2007/11/26 20:23

- ページの先頭へ-

INTERNET Watch ホームページ
Copyright (c) 2007 Impress Watch Corporation, an Impress Group company. All rights reserved.