Internet Watch logo
記事検索
最新ニュース

7つのブログで海賊版を販売、売上400万円、会社員男性を逮捕


 北海道警生活経済課と札幌方面中央署などが21日、ブログを通じて顧客を募り、海賊版PCソフトを販売していた神戸市の会社員男性(33歳)を著作権法違反の疑いで逮捕した。コンピュータソフトウェア著作権協会(ACCS)が22日、発表した。

 調べによると、この男性は「【衝撃プライス】PCソフトウェア」「【激安販売】PCソフトウェア」「★ソフト ウェア激安販売★」「パソコンソフトの激安販売」「激安ソフトウェア」「激安パソコンソフト工房」「特価!PCソフトウェア」という名称の計7つのブログを開設し、海賊版を販売。2007年3月頃からこれまでに約400万円を売り上げていたと供述しているという。

 このうち「【衝撃プライス】PCソフトウェア」では、約300タイトルのビジネスソフトやゲームソフトなどの海賊版を1,000〜4,000円で販売。今回、「一太郎2007特別優待版」と「信長の野望・革新 with パワーアップキット」の海賊版CD-Rを、9月23日頃から12月21日頃までの前後3回にわたり札幌市の男性など3人に対して販売していたとして逮捕された。

 ACCSでは、この男性が「エンカルタ総合大百科2007」の海賊版も販売していたことを確認しており、マイクロソフトも告訴を予定しているという。


関連情報

URL
  ニュースリリース
  http://www2.accsjp.or.jp/news/news080222.html

関連記事
海賊版販売の連鎖が発覚、「softmacbb」名乗る大阪市の男性も逮捕(2008/01/18)


( 永沢 茂 )
2008/02/22 15:20

- ページの先頭へ-

INTERNET Watch ホームページ
Copyright (c) 2008 Impress Watch Corporation, an Impress Group company. All rights reserved.