Internet Watch logo
記事検索
最新ニュース

海賊版ソフト販売の男性を逮捕、同じ手口の逮捕者の「顧客」から3件目


 北海道警生活経済課と手稲署は27日、Yahoo!オークションを利用して、権利者に無断で複製したソフトウェアを販売していた東京都新宿区の会社員男性(38歳)を、著作権法違反の疑いで逮捕した。28日、コンピュータソフトウェア著作権協会(ACCS)が明らかにした。

 逮捕された男性は、2007年12月初旬、ジャストシステムの「ATOK 2007 for Windows [プレミアム]」を無断で複製したCD-R1枚を、札幌市の男性に対して3,280円で販売した疑いが持たれている。

 男性は、Yahoo!オークションに複数のビジネスソフトの正規品を出品した上で、「Discの状態にこだわらずに安価に希望される方、複数台での利用されたい等ご相談のある方は、メールアドレスをご記入の上Q&Aよりお問い合わせください」と記載し、問い合わせのあったメールアドレスに返信する方法で海賊版を販売。1タイトル約3,000円〜15,000円程度で販売していたという。

 この事件は、「Advanced_mac」という名前で同様の手口により海賊版を販売していた男性(2007年10月に北海道警などが逮捕)を調べる中で発覚した。「Advanced_mac」の販売先が逮捕されるのは、今回で3回目だという。警察の調べによると、男性はWindows版ソフトについては、ファイル交換ソフト「Limewire」から入手したソフトを利用して海賊版を作成していたという。


関連情報

URL
  ニュースリリース
  http://www2.accsjp.or.jp/news/news080228.html

関連記事
Mac用海賊版ソフト販売男性を逮捕、3年間で3,000万円以上の売上(2007/11/01)
海賊版販売の連鎖が発覚、「softmacbb」名乗る大阪市の男性も逮捕(2008/01/18)


( 三柳英樹 )
2008/02/28 18:31

- ページの先頭へ-

INTERNET Watch ホームページ
Copyright (c) 2008 Impress Watch Corporation, an Impress Group company. All rights reserved.