Internet Watch logo
記事検索
最新ニュース

米国内において動画の3分の1はYouTubeで視聴される〜comScore調査


 調査会社の米comScoreは14日、米国内ネット動画の3分の1が、米Google子会社の動画共有サイト「YouTube」で視聴されているとの最新調査結果を発表した。

 この調査は2008年1月のデータに基づくもので、動画全体の視聴者数は、新記録を達成した2007年12月よりわずかに減少していた。

 米国内でのネット動画シェアは、Google系サイトが34.3%で圧倒的な首位を確保している。2位はMySpaceなどを保有するFox Interactive Mediaの6.0%、3位がYahoo!系サイトの3.2%、4位がMicrosoft系サイトの2.0%だった。このうち、Google系サイトで視聴された動画の96%はYouTubeであり、「Google Video」の視聴数が少ないことも明らかになっている。

 ユニーク視聴者数を見ると、Google系サイトが8,000万人を超え、各人平均110分を動画視聴に費やしていた。次いでFox Interactive Mediaが5,390万人、Yahoo!系サイトが3,640万人で、2位以下の平均視聴分数はいずれも2桁台にとどまっている。このことからも、YouTubeが持つシェアの大きさが見てとれる。


関連情報

URL
  ニュースリリース(英文)
  http://www.comscore.com/press/release.asp?press=2111

関連記事
米ネットユーザー、4人に3人がネットで動画鑑賞〜2007年11月調査(2008/01/21)


( 青木大我 taiga@scientist.com )
2008/03/17 11:55

- ページの先頭へ-

INTERNET Watch ホームページ
Copyright (c) 2008 Impress Watch Corporation, an Impress Group company. All rights reserved.