Internet Watch logo
記事検索
最新ニュース

参加型サイトのフィルタリング基準、一律制限見直し〜インターネット協会


 インターネット協会は、フィルタリングなどに用いられるコンテンツの分類・格付け基準「SafetyOnline3」の更新を検討するため、研究会を開催すると発表した。現在の基準では、掲示板やコミュニティサイトなどの「参加型サイト」については、15歳未満には閲覧制限が望ましいと一律に規定している点などを見直し、夏頃をめどに新たな基準をまとめる予定。

 インターネット協会が事務局を務める「レイティングフィルタリング連絡協議会」では、有識者や関連事業者、PTA代表者などから構成される委員により、コンテンツの分類・格付け基準「SafetyOnline3」を2007年4月に策定。SafetyOnline3の基準では、掲示板やブログ、SNSなど閲覧者が書き込みできる「参加型サイト」については、15歳未満の利用は制限することが望ましいとしていた。

 インターネット協会では、SafetyOnline3はフィルタリングソフト・サービスのメーカーなどが判断基準として参考にしているが、参加型サイトが多様化してきており、また携帯サイトのフィルタリングなどにおいて参加型サイトが一律に利用制限されるなどの問題があることから、見直しを行なうと説明。参加型サイトの分類をより細分化するとともに、フィルタリング項目や年齢区分についても見直しを行ない、夏頃をめどに新たな分類・格付け基準「SafetyOnline4」としてまとめる予定としている。


関連情報

URL
  ニュースリリース
  http://www.iajapan.org/filtering/press/20080424-press.html

関連記事
有害情報対策でまず考えるべきは、罰則ではなく「責任制限」(2008/05/02)
ネット全般を対象に健全サイト認定、第三者機関「I-ROI」設立へ(2008/04/25)


( 三柳英樹 )
2008/05/07 14:02

- ページの先頭へ-

INTERNET Watch ホームページ
Copyright (c) 2008 Impress Watch Corporation, an Impress Group company. All rights reserved.