Internet Watch logo
記事検索
最新ニュース

実演家団体、違法着うたを監視・通報してくれる「音楽自警団」募集


音楽自警団(MUSIC GUARDIANS)の画面
 社団法人日本芸能実演家団体協議会・実演家著作隣接権センター(CPRA)は6日、携帯電話やPCの著作権侵害サイトを監視する「音楽自警団(MUSIC GUARDIANS)」を開始した。これに協力する一般ユーザーを募集している。

 MUSIC GUARDIANSでは、ユーザーから違法着うたサイトなどのURLをメールで通報してもらう。通報を受けたMUSIC GURDIANSは、違法サイト運営者に警告し、違法配信を中止させる。警告に応じない場合は、法的手段を講じる。

 「法的執行に至る前に、違法サイトのオーナーやアップロード者に適宜警告することで、音楽をネット上で配信するための権利許諾の存在を学習してもらうことが第一の目的。今後は、P2Pファイル交換ソフト上の著作権侵害に対応するため、クローリング調査も行なう。」(CRPA)

 なお、違法サイトを通報するには、MUSIC GURDIANSの携帯サイトでニックネームと性別を登録をする必要がある。ユーザーへのインセンティブとしては、通報数や違法サイトの削除件数に応じてポイントを付与。ポイント数に応じて特典を贈呈する。

 違法な音楽流通への対処についてCPRAは、「強制的な法執行がベストな選択ではない」と指摘。音楽ファンが自主的に違法配信を撲滅して健全な音楽市場を創るために、MUSIC GURDIANSを開始したという。


音楽自警団(MUSIC GUARDIANS)のイメージ図

関連情報

URL
  「音楽自警団(MUSIC GUARDIANS)」携帯電話向けサイト
  http://musicguardians.jp/

関連記事
携帯向け音楽の違法ダウンロード数は年間3億9,926万曲、正規配信を上回る(2007/12/25)
違法着うた配信サイト、51%が「利用経験あり」〜RIAJが実態調査(2007/01/29)


( 増田 覚 )
2008/06/06 15:01

- ページの先頭へ-

INTERNET Watch ホームページ
Copyright (c) 2008 Impress Watch Corporation, an Impress Group company. All rights reserved.