Internet Watch logo
記事検索
最新ニュース

「Google Earth」最新版公開、38件のバグを修正


 米Googleは、「Google Earth」の最新バージョンを日本時間の11日午前に公開したが、その中で主に38件のバグが修復されていることが、13日までに明らかになった。

 11日に公開されたのは、バージョン「4.3.7284.3916ベータ」。それ以前のバージョンは「4.3.7191.6508ベータ」だったため、今回のバージョンはマイナーバージョンアップとなり、特に大きな新機能は含まれていない。

 13日に公開されたリリースノートでは、38件のバグが修正されていることがわかる。修正された主なバグは以下の通り。


  • クラッシュを引き起こす複数のバグ
  • Webウィンドウが大きく開きすぎて、リサイズできなくなる
  • 4GBのメモリを搭載したWindows Vista SP1上で、100%ストリーミング完了後に画像がぼやける
  • 0フィート以下にまでズームインできてしまう
  • ネット接続が切れたクライアントでキャッシュされたデータが使用されない
  • Mac OS XでGoogle Earthが終了してから、3〜5分間ロックアップしてしまう
  • Google Earth日本語版におけるタイムスライダーの日付フォーマット表示
  • 日の出と日の入り表示画面で早く暗くなりすぎる


関連情報

URL
  Google Earthリリースノート(英文)
  http://earth.google.com/support/bin/answer.py?answer=40901

関連記事
「Google Earth 4.3」ベータ版公開、夜明けから日没まで再現する新機能(2008/04/16)


( 青木大我 taiga@scientist.com )
2008/07/14 12:28

- ページの先頭へ-

INTERNET Watch ホームページ
Copyright (c) 2008 Impress Watch Corporation, an Impress Group company. All rights reserved.