Internet Watch logo
記事検索
最新ニュース

SNSで知り合った人に「個人的に会った」は2割、MMD研究所調べ


 アップデイトのモバイルマーケティングデータ研究所(MMD研究所)は8日、SNSに関する利用動向調査の結果を発表した。

 調査は8月22日から9月1日まで、15の携帯電話向けサイトの協力で実施。6898人から有効回答を集めた。回答者の男女比は男性が49.6%、女性が50.4%。年代は、10代以下が17.4%、20代が36.1%、30代が31.6%、40代が14.9%。


現在利用中のSNSトップは「モバゲータウン」

 SNS(mixi、GREE、モバゲータウン)などのコミュニティサービスの利用経験では、「現在利用している」が56.2%と最も多く、次いで「登録したことはあるが現在は利用していない」が17.5%、「知っているが利用したことはない」が17.0%、「SNS自体を知らない」が9.3%という結果だった。

 現在利用しているSNSとしては、「モバゲータウン」が68.4%と最も多く、次いで「mixi」が53.5%、「GREE」が43.0%の順だった。これらのSNSにログインする頻度については、「毎日」が66.5%、「1週間に1回」が10.2%で続き、特に10代〜20代は「毎日」が約7割に上った。

 SNS現在利用者の更新頻度では、「毎日」が33.1%で最も多く、「1カ月に1回」が21.7%で続いた。SNS現利用者がログインする場所や時間では、「自宅にいる時」が70.6%と最も多く、次いで「待ち合わせなどの時間つぶし」が55.7%、「就寝前」が48.7%の順となった。


SNSのログイン方法「携帯電話のみ」が7割

 普段SNSにログインする方法としては、「携帯電話のみ」が75.4%で、「PCと携帯電話を使い分けている」(22.2%)と「PCのみ」(2.0%)に大差を付けた。

 主に利用しているSNSの機能としては、「日記(ブログ)機能」が68.2%で最多、以下は「ゲーム機能」が59.5%、「メッセージ送受信機能」が56.2%と続いた。

 また、「携帯電話のみ」でログインしている人が主に利用するSNS機能では、「あしあと、メッセージを確認」が68.0%と最も多く、次いで「ゲームなどで遊ぶ」が58.4%、「友人の日記を読む」が55.9%という結果となった。


SNS有料サービスは3割が利用経験あり

 SNS現在利用者の有料機能サービス利用率では、「利用したことがない」が70.9%を占めた一方、「現在利用している」(14.7%)と「過去に利用したことがある」(14.5%)で利用経験率は3割だった。有料機能サービスを現在利用している人に今後の利用意向を調査したところ、「利用する」が85.9%と満足度が高い様子がうかがえた。

 また、SNSを過去利用していた人を対象に、SNSを利用しなくなった理由を聞いたところ、「更新が面倒くさかったから」が41.2%と最も多く、次いで「時間がなくなったから」が30.1%、「日記を書く内容がないから」が28.8%という結果となった。

 このほか、SNSで知り合った人と実際に会ったことがあるかを調査した結果、現在利用者では「個人的に会った」が23.9%、「オフ会、イベントなどに参加した」が11.8%、「どちらもある」が12.3%と、半数近くが何らかのかたちで実際に会っていた。一方、過去利用者では、「個人的に会った」が22.4%、「オフ会、イベントなどに参加した」が9.0%、「どちらもある」が6.9%と、実際に会った人は4割弱だった。


関連情報

URL
  SNSに関する利用動向調査
  http://mmd.up-date.ne.jp/news/detail.php?news_id=158

関連記事
日本のSNSにも競争の時代、FacebookやOrkutが健闘(2008/08/08)
SNSで知り合った人と会ったことがある23.4%、インターワイヤード調査(2007/02/20)


( 増田 覚 )
2008/09/08 18:30

- ページの先頭へ-

INTERNET Watch ホームページ
Copyright (c) 2008 Impress Watch Corporation, an Impress Group company. All rights reserved.