Internet Watch logo
記事検索
最新ニュース

カジュアルゲーム利用者は女性が増加、メインはF2


性年齢別に見たカジュアルゲームユーザー
 スクウェア・エニックス、タイトー、ニフティの3社は、無料カジュアルゲーム利用実態調査の結果を公表した。無料カジュアルゲームの主なユーザー層は30代以上の女性で、特に主婦や事務職が多いことがわかった。

 カジュアルゲームとは、パズルやアクション、カードゲームなど、ルールがシンプルで、簡単に遊べるゲームを指す。調査では、「OCNゲーム」「gooゲーム」「@niftyゲーム」でカジュアルゲームを利用するユーザーを対象に公開型インターネットアンケートを実施。期間は6月30日から7月13日で、1743人から回答を得た。

 調査結果によると、回答者の男女比は女性76.9%、男性23.1%だった。女性層は前回調査(66.0%)と比べてが約11%増加した。女性の年代別で見ると、30歳以上の合計が全体の61.7%を占め、いわゆる“F2”がボリュームゾーンとなっていることがわかった。また、回答者全体を職業別で見ると、「主婦」31.8%、「事務職」20.8%が多かった。F2に絞って見ると、その割合はさらに高くなる。

 ゲームのプレイ場所は、「自宅」87.6%が最も多く、プレイ時間は「15分〜30分未満」27.4%、「45分〜1時間未満」24.3%、「1時間以上」が23.3%など。


前回調査との比較 職業(F2のみ)

関連情報

URL
  ニュースリリース
  http://www.nifty.co.jp/cs/08kami/detail/080918003410/1.htm

関連記事
無料カジュアルゲームの利用者像「主婦中心に自宅で1回1時間以上」(2008/03/10)


( 野津 誠 )
2008/09/18 19:16

- ページの先頭へ-

INTERNET Watch ホームページ
Copyright (c) 2008 Impress Watch Corporation, an Impress Group company. All rights reserved.