Internet Watch logo
記事検索
最新ニュース

ディアイティ、企業情報のWinny流出常時監視サービス


 ディアイティは28日、Winnyネットワークを常時監視し、企業のファイル流出が発覚した際に通知と事後の対応支援を行う「ファイル流出監視サービス」を12月1日に開始すると発表した。初期費用は31万5000円〜、月額料金は10万5000円〜。

 ファイル流出監視サービスでは、ディアイティが企業に代わってWinnyネットワークを常時監視し、情報流出に関するファイルを収集。顧客企業の会社情報についてチェックを行い、情報流出を検知した場合にはメールで担当者に通知するとともに、流出元を特定するためのサポート支援なども行う。

 また、情報漏洩対策から、流出原因、経路、操作履歴を調査するフォレンジックサービスなど、さらに詳しい調査・報告をオプションサービスとして提供する。ディアイティでは、このサービスを利用することで、企業は内部のリソースに負担をかけることなく、いざというときのリスクを軽減することができるとしている。


関連情報

URL
  ニュースリリース
  http://www.dit.co.jp/news/news2008/2008_1028.html
  ファイル流出監視サービス
  http://www.dit.co.jp/service/p2pmonitor/index.html

関連記事
ネットエージェントが「Share経由の情報流出調査サービス」開始(2006/12/12)


( 三柳英樹 )
2008/10/29 11:08

- ページの先頭へ-

INTERNET Watch ホームページ
Copyright (c) 2008 Impress Watch Corporation, an Impress Group company. All rights reserved.