Internet Watch logo
記事検索
最新ニュース

今も4人に1人が「フロッピーディスクを普段利用している」


 アイシェアは20日、「フロッピーディスクに関する意識調査」の結果を公表した。調査では、無料メール転送サービス「CLUB BBQ」会員にオンラインアンケートを実施。期間は11月5日〜7日で、423人から回答を得た。

 回答者のパソコン利用歴は「10年以上」が79.0%、「8年〜10年未満」が14.9%、「8年未満」が6.1%。利用中のパソコン購入時期は「5年以内」が合計で85.3%。フロッピーディスクの認知度については、「今も持っている」が67.6%で、「知らない」は0.9%にとどまった。

 また、普段利用している外部記憶媒体(メディアも含む)を複数回答形式で尋ねたところ、「CD-R」が80.7%で最も多かった。以下は「DVD-R」71.4%、「外付けHDディスク」60.1%、「3.5インチフロッピー」26.7%など。フロッピーは、4人に1人が現役で利用していることになる。

 フロッピーディスクを知っている人にフロッピーディスクの利用頻度を尋ねたところ、「今年は利用していない」が70.4%で大半だった。「年に数回程利用する」は22.7%、「頻繁に利用する」「1ヶ月に1度は利用する」は合わせて6.9%だった。具体的な利用方法の自由回答を見ると、容量の少ない通常のデータ類のほか、PCの起動ディスクやBIOS更新などのセットアップ用ディスク、ソフトのインストール時などを挙げる人が多かった。


関連情報

URL
  調査結果
  http://release.center.jp/2008/11/2002.html

関連記事
フロッピーやCDを通して感染する破壊的ウイルスの報告数が増加(2004/10/18)


( 野津 誠 )
2008/11/20 20:28

- ページの先頭へ-

INTERNET Watch ホームページ
Copyright (c) 2008 Impress Watch Corporation, an Impress Group company. All rights reserved.