Internet Watch logo
記事検索
最新ニュース

偽ウイルス対策ソフトがマルウェア上位を独占〜BitDefender調査


 セキュリティベンダーの米BitDefendergによる調査で、11月に脅威となったマルウェアの上位3種類が偽ウイルス対策ソフトによって独占された。

 1位「Adware.FakeAntiVirus.L」(14.38%)、2位「Adware.FakeAntiVirus.M」(11.52%)、3位「Adware.FakeAntiVirus.K」(11.15%)までがいずれも偽ウイルス対策ソフトで、トロイの木馬の機能を持つマルウェアだった。

 これらのソフトはインストールされると、偽のスキャンを10秒ほど行う。その後、ウイルスに感染しているという偽の報告を行い、そのウイルスを除去するためと称して金銭を要求する。11月は、これら偽ウイルス対策ソフトの亜種3種類が37%を占めるまでになった。

 11月には、それ以外にもMP3プレーヤーやコーデックを装ったトロイの木馬ダウンローダーや、ポップアップブロッカーを回避するアドウェアなども観察された。

 BitDefenderのウイルス対策研究所長であるSorin Dudea氏は今回の調査結果について、「偽ウイルス対策のトロイの木馬が、11月のマルウェアランキング上位を占めたことは、コンピュータユーザーが見るリンクやWebページに、より一層注意を払うことの重要性を示している。それは、知っている相手からのメールだけを開き、知っている安全なWebサイトのみを見るということだ」とコメントしている。


関連情報

URL
  ニュースリリース(英文)
  http://news.bitdefender.com/NW903-en--Beware-of-Fake-Antivirus-Products-According-to-BitDefender-Labs’-Top-E-Threats-in-November.html

関連記事
アドウェアは広告表示から偽セキュリティソフトへ、日本語版も出回る(2007/10/04)
偽の警告を見分けよう、信頼できないウイルス対策ソフトに注意(2008/11/05)


( 青木大我 taiga@scientist.com )
2008/12/08 13:45

- ページの先頭へ-

INTERNET Watch ホームページ
Copyright (c) 2008 Impress Watch Corporation, an Impress Group company. All rights reserved.